GETOVER情報

名古屋のキックボクシングジム[GET OVER]代表、中島稔倫のブログです。GETOVER情報

今週はオヤジキック、来週は石巻遠征、ジュニアからプロ、オヤジまで挑戦の熱い夏!!

今週日曜日は大阪 花博記念ホールにて開催のオヤジキックに参戦!!
美容師岩田のタイトルマッチ、そして再起戦のコージオカダ、平井、ダッシュ阿佐が出場します。
そして、来週は昨日のブログにも書きましたが毎年恒例の仙台石巻遠征です。
作田のDBSタイトル防衛戦とジュニア選手たちのタイトルマッチ。
ジュニアからオヤジまで、チャレンジの熱い夏。
年齢に関係なく、目標や目指すものがあればみんなでそれぞれの目標に向かって頑張ることができる。
他のものなんか何もいらない、とにかくその目標に向かって突っ走る時間。
そんな気持ちさえあれば周りの事なんてどーでもいい。
一番大事な事は、今と言う時間は二度と戻って来ないと言う事。
人生一度きり、オギャーとこの世に生を受けた時から人間は死に向かっている。
神から授かった限られたこの世で生かされる時間。
1分1秒無駄にしたくない。
見えないものと周りの情報に振り回されて、大切な時間を奪われるのは嫌だ。
生きていればリスクは山ほどある。
“自分”をしっかり持っていれば周りの情報に振り回されることはない。
こんな世の中だからこそ、いつも以上に勝利の価値はある。
歴史に残る世界的パニックの状況の中で、それ以上の歴史に残るような名勝負をやってやろう!!

2020/07/30(Thu)
GETOVER情報| | コメント(0)

毎年夏休み恒例、仙台石巻遠征選抜メンバーの紹介

夏休み恒例仙台石巻遠征
今年は8月8日の朝出発し9日試合、10日の朝石巻を出発し夕方名古屋着と言うスケジュール。
メインは我GET OVER作田良典のDBSタイトル防衛戦となっております。

今年のジュニア選抜メンバーを紹介します。
写真はすべてほのぼの写真となっております(笑)
IMG_4250.jpg

BRIDGE-50kg級王座決定トーナメント
中島隆徳
IMG_5126.jpg

BRIDGE-45kg級王座決定戦
加藤一虎
IMG_4349.jpg

DBS-45kg級王座決定戦
中島大河
IMG_0277.jpg

RKA-47.5kg級王座決定戦
山本藍斗
IMG_4351.jpg

DBS-40kg級王座決定トーナメント
神田真裕
IMG_4343.jpg

ワンマッチ
浅野桔平
IMG_4348.jpg

DBS-35kg級王座決定トーナメント
小島禅矢
IMG_4344.jpg

DBS&RKA&BRIDGE-30kg級三冠王座決定トーナメント
小島舞士
IMG_4765.jpg

DBS&RKA&BRIDGE-30kg級三冠王座決定トーナメント
石原透馬
IMG_4346.jpg

2020/07/29(Wed)
GETOVER情報| | コメント(0)

美容師岩田、いよいよ今週日曜日オヤジキックライト級タイトルに挑む!!

2018年5月から7時半オープンをスタートし、岩田もその日から7時半からの出勤前の朝活として朝練をスタートした。
それからほぼ朝練はほぼ皆勤。
朝練をスタートしてから岩田の人生は変わり、本業である美容師の仕事も良い意味で変化してきた。
昨年は白鳥国際会議場イベントホールにて開催されたホーストカップにてのオヤジキック提供試合に出場し大会場での初勝利。
40歳で岩田の人生に大きな勲章となる大金星を掲げる事ができた試合でした。
仕事もキックもすべてが真っ向勝負の岩田に後1つ足りないもの。
それはベルト。
美容師としても後1歩駆け上がるためには、他の美容師にはないカリスマとなるものが必要。
それは、チャンピオンベルト。
そして、今週日曜日、いよいよタイトル挑戦となりました。

28試合、29試合はタイトルマッチが2試合。



オヤジライト級タイトルマッチは

8戦全勝のチャンピオン猫に挑む、3戦全勝の格闘美容師 岩田。

離れてよし、くっついてよし、盤石の強さを誇る猫、岩田はその牙城をどう崩すか?

激闘必至のライト級タイトルマッチ!

20200714154120.jpg

タイトルマッチを控えた岩田のインタビューとバランスボールでフランクフルトチャレンジ(笑)

2020/07/28(Tue)
GETOVER情報| | コメント(0)

夏休み、ジュニアキックボクシング体験会

長い自粛期間が終わり通常の日常生活に戻りましたが世の中はまだまだ心配なニュースばかり流れています。
子供は子供らしく、今しかないできない事、今やるべき事、今から続けるからこそ何十年後に開花する事。
子供は溢れんばかりの可能性を秘めた金の卵なんです。
そんな子供たち、若者たちの可能性や夢、チャンスを見えないもの、その見えないものへの情報に振り回されている日本中の大人たちの為にすべてが奪われて行く。
子供たちは免疫力が普通に強いはずなんです。
そして、これからの世の中は免疫力を上げて行けないと生きて行けない。
たくさん遊んでたくさん汗を流したくさん笑ってたくさん泣いて、子供は子供らしく。
若者は若者らしく。
そんな意味も含めてGET OVERでは夏休み、ジュニアキックボクシング体験会企画しました。
体験会と言ってもジュニアクラスの時間に体験してみよう!!って企画。
ジュニア会員の友達、一般会員さんの友達でも、WOMEN'S会員さんの友達、是非仲の良い友達に皆さんが感じたキックボクシングの素晴らしさを体験させてあげてください!!

予約制となっているのでこちらの用紙に記入し予約を入れてください。
紹介者の会員さんから伝えて頂ければオッケーです。
IMG_5052.jpg


こちらのキャンペーンはまだまだ世の中が騒いでいて、蜜とかソーシャルディスタンスがどうとか騒いでいる世の中なので8月も継続します!!
キックボクシングで免疫力をあげウィルスに負けない身体を作ろう!!
IMG_3444 (1)
IMG_4471.jpg

2020/07/27(Mon)
GETOVER情報| | コメント(0)

うつ病を4ヶ月で克服した朝ジムと槍ヶ岳の絶景

2年前の5月から7時半から営業をスタートし、今では“朝ジムの顔”となった美容師岩田。
7時半からの営業をスタートしてから岩田は必ず出勤前にジムで汗を流す生活をスタート。
それから営業成績もアップし、さらにオヤジキックに参戦。
昨年は白鳥国際会議場イベントホールにて行われたホーストカップでのオヤジキック提供試合に出場し大舞台へ初参戦で初勝利。
来週日曜日、8月2日に行われるオヤジキックタイトル挑戦権を獲得しました。
そんな岩田と同じように朝ジムから人生が変わった会員がもう1名います。
115846689_1727864510686207_433332117741378343_o.jpg
一緒に登山やマラソンをやっている熊谷。
2年前、7時半営業をスタートした頃、熊谷は仕事でいろいろな問題を抱え、医者からうつ病と診断されました。
仕事も強制的に治るまで出勤を止められ、1人悩んでいる時にやる事なくて早朝のジムに練習に来ました。
落ち込んでた熊谷からその時の話を聞き、いろいろな話をしました。
僕は医者でもないし、自分の感覚でストレートでしか話をしないから“うつ病”と言う病気は病気じゃないだろって言いました。
昔はなかった病気。
名前がついて病気になるから患者が増える。
知らなかったならない病気もある。
知ってるから不安になって心配で寝れなくなって交感神経と副交感神経のバランスが悪くなり体調を崩して行く。
コロナも同じだと思う。
ただの風邪でいい。
テレビ、マスコミ、新聞、ネット、情報社会が巻き起こしてる世界的パニック。
ジム生の地元でコロナで陽性になった人が近所にバラまいたと噂になり自殺をしたらしい。
すべては今のこの世の中が悪い。
知らずにコロナになった人を殺人犯のように扱うような状況になっている。
みんなコロナが怖いんじゃなくて、コロナになった時の周りの反応が怖いだけ。
話はそれたけど(笑)
うつ病もうつ病って病気があるからみんなるんでしょ。
病気のほとんどが交感神経と副交感神経のバランスの崩れ。
不安、睡眠不足、暴飲暴食や運動不足。
毎朝ジム来て走ってミットやってマススパーやって、朝ジムの前向きな気持ちの人たちと話をして、たっぷり汗かいて帰って家でビール飲んで毎日10時間以上爆睡したらしい(笑)
そんな中槍ヶ岳~南岳縦走登山にも参加
IMG_15790s.jpg
実はこの時の熊谷はうつ病患者だったんです。
しかし、そんなうつ病患者と診断され仕事も強制的に休まされている熊谷は1日目10時間の登山、2日目南岳縦走&大キレッド&下山で14時間。
そんな普通の人ではできないスケジュールの登山を僕たちと達成しました。
それから富士山や恵那山、荒島岳など一緒に登ったりして、10月に定期健診を受けた時はうつ病が治ったと診断され仕事にも復帰しました。
うつ病とかコロナとかなんとかウィルスとか。
うつ病患者が殺人事件を起こしたら無罪になってしまう時代。
すべてがおかしい。
病人を病人として優しく接すると言う優しさも良いけど、「そんなの病気じゃねーよ!!」って気持ちで厳しく接するやさしさの方が必要なんじゃないかな。
そう言えば親父の癌との闘いの最終章を思い出した。
親父が5回目のがんですい臓がんになった時、病室のベッドの横のトイレにも自分で行けなくなって、自分で行けない事にイライラしてお袋に暴言履いてたから
「親父もっと強かっただろ?俺たち兄弟3人並べて順番にぶん殴られて吹っ飛んであの時の親父めっちゃ怖かったよ。根性見せてくれよ。こんなすい臓がんなんかに負けない姿見せてくれよ。トイレ自分で行く練習してみろよ」
そしたら翌日親父からすぐ病院に来いってメッセージが来た。
ほとんど動けなかった親父がベッドの手すりを使った隣にあるトイレの便座に座った。
そしてベッドまで一人で戻った。
後で看護婦さんに聞いたら夜中にずっと練習してたらしい。
その1週間後親父は天国へ旅立った。
最後の親父が見せてくれた姿は奇跡ですね。
息子の言葉に必死に答えようとした親父が見せてくれた最後の闘志。
熊谷のうつ病の克服と、親父が見せてくれた最後の闘志を思い出して感じた事は、前向きな気持ちにしてあげる事ですね。



2020/07/25(Sat)
GETOVER情報| | コメント(0)

カレンダー

07 | 2020/08 | 09

-

-

-

-

-

-

1

2

3

4

5

6

7

8

9

10

11

12

13

14

15

16

17

18

19

20

21

22

23

24

25

26

27

28

29

30

31

-

-

-

-

-

月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

QR