GETOVER情報

名古屋のキックボクシングジム[GET OVER]代表、中島稔倫のブログです。GETOVER情報

武テレビ出演!!

武が中京テレビの番組「まんなかチュウキョ~」に出演します。
すでに収録は終了しており本日放送日が決まり連絡がありました。
この番組を見た事ある方はご存知だと思いますが、ほんの1分ぐらいの登場です。
しかし、沖縄でタイトルマッチを控えていると言う事で、現役高校生のプロキックボクサーとして、紹介してくれているとの事です。
武が何をしゃべったのかは僕はあえて聞いてません。
放送日が楽しみです。

放送日
3月10日(金) 5時15分頃
         20時54分頃


皆さん、是非見てくださいね!!
IMG_5740.jpg

2017/02/24(Fri)
GETOVER情報| | コメント(0)

武 ゴング格闘技掲載、ケミカル☆瞬太ミット打ち映像

昨日発売のゴング格闘技に武が掲載されております。
是非見てくださ!!!
今話題のこの選手にスポットをあてた規格の記事に出てるんですが、武は近い将来この選手と戦いたいと言う目標を持っているので“next”ではありませんが、そのメンバーに選べれると言う事は嬉しいことです。
FullSizeRender.jpg
IMG_5741.jpg
IMG_5833.png
いつかはこの選手と戦えるところまへ辿り着くために、高い山の頂上目指してコツコツ登って行きます。

ケミカル☆瞬太
昨年12月梅野源治と闘ったシリモンコンやK-1でゲーオのピンチヒッターで出場し山崎秀晃をローキックで靭帯損傷までに追い込んで明後日のトーナメントに出場するゴンナパーと日本人で1番最初に闘った男です。
ゴンナパーもシリモンコンも来日してすぐにムエタイルールで闘って僅差の判定負けです。
最後の試合はWPMFスーパーフェザー級4位?だったかな?ヤスユキと同門のHIROKIをワンザイドでKOしてヤスユキに挑戦状を叩きつける予定でしたが、全く欲のないこいつは大学卒業と就職を理由に悔いなく簡単に引退宣言をしてしまいました。
知ってる人は知ってると思います。
こいつは怪物です。
瞬太のミット打ち映像です









2017/02/24(Fri)
GETOVER情報| | コメント(0)

武、2月23日発売ゴング格闘技掲載のお知らせ

我GET OVER若きエース、“尾張の若獅子”大脇 武が明日2月23日発売のゴング格闘技にて紹介されております。
そんなに大きく載ってるわけではありませんが、今キック界では飛ぶ鳥を落とす勢いの、ある選手にスポットをあってた企画のページで武の紹介が載ってます。
後は見てのお楽しみと言う事で(笑)

さて、そんな武ですが現在3戦3勝3KOと言う実績とアマチュア3本のベルトを引っ提げわずか4戦目で沖縄伝統のベルト、RKAフェザー級タイトルに挑戦します。
IMG_5818.jpg
今のキック界の現状、日本にたくさんベルトがあって昔よりは簡単にチャンスが巡ってくる時代ではありますが、4戦目でのタイトル挑戦は異例の事だと思います。
まあ、とはいえ挑戦は誰でもできます。
取ってこそ本物。
4戦目での敵地でのタイトル獲得、武の最初のストーリーとしてはなかなかの感動作品。
そんな武に便乗し同じく沖縄で秋にビッグマッチを控えている作田も気合いが入っております。
ちなみに作田は今週末に犬山ハーフマラソンを控えております。
1時間30分切りを狙います。
そんな二人のミット打ち映像です。






2017/02/22(Wed)
GETOVER情報| | コメント(0)

Krush73結果とつくづく思った事

ブログ更新はジムのパソコンでしかやらないので遅くなっちゃいました。
先週土曜日後楽園ホールにて開催されたKrush73第1試合に出場した倉崎昌史。
結果は1RKO負けでした。
予想していた流れの中でのミス、しみついてしまった癖は意識していてもなかなか治らない。
クラにとって今までで一番悔しい試合、大きな壁。
“攻撃は最大の防御”
と言う言葉があるけど、これは一流の防御テクニックを身につけての攻撃に限っての言葉。
“面白い試合”“熱い試合”“お客さんを沸かせる試合”
ここ最近の選手たちのインタビューでよく耳にする言葉。
しっかりした防御テクニックを身につけている選手同士の打ち合いならレベルの高い試合になるけど、当たった者勝ちみたいな防御ゼロの打ち合いは素人でもできる。
ここ最近の選手は攻撃力、パンチの技術、コンビネーションなど昔と比べて攻撃テクニックの部分では遥かに上がっていると思う。
しかし逆に防御技術に於いてはレベルは下がっていると思う。
いつも言ってるけどキック、ムエタイルールを経験してからKrush、K-1のリングに上がってる選手と、K-1、Krushルールしかやってきていない選手の防御技術の違いは明らか。
この前の元MA王者とK-1甲子園王者の試合がありましたが、レベルの違いがはっきり出てました。
自分のジムの選手の欠点や弱点、毎日見ていればすべてわかります。
しかし、攻撃力でカバーして勝ち進んでしまう事もある。
防御ゼロ、攻撃力100の選手が正しいディフェンステクニックを学ぶと攻撃力が半減してしまう事もある。
しかし、上に行けば行くほど試合は紙一重であり一瞬のミスが勝敗を分ける。
そして、一流の選手は一瞬のミスを見逃さない。
勝つためにはまずは攻撃力よりミスをなくすこと。
理想は防御した動きをすべて攻撃に繋げて行くこと。
いずれぶち当たるだろうと思っていた壁。
少し時間はかかりますが、今のクラの位置からもう1歩上に行くためには避けては通れない壁。
この壁をどう乗り越えて行くか。
今後進化していくであろうクラに期待したいと思います。
IMG_5752.jpg
IMG_5754.jpg
IMG_5753.jpg
IMG_5756.jpg
IMG_5755.jpg
IMG_5757.jpg
IMG_5756.jpg
IMG_5758.jpg
IMG_5746.jpg

2017/02/20(Mon)
GETOVER情報| | コメント(0)

クラ無事計量パス、狂暴な反逆の咬ませ犬が噛みつく瞬間

本日行われた明日のKrush73の計量、クラは54.8kg、200gアンダーで無事パスしました。
IMG_5730.jpg
明日の試合、クラは狂暴な反逆の咬ませ犬となってリングで暴れてくれると思います。
僕の現役時代のキック界のマッチメイクの感覚で見ると、29歳と言う年齢で勝ったり負けたりのクラが、キャリアが下の期待のホープ、無敗のイケメンファイターに食われるパターン。
昔は地方ジムの選手はそんな“咬ませ犬”的な試合ばかりでした。
しかし、それはマイナス的な捉え方。
考え方を変えればこんなありがたいチャンスはない。
逆にその期待のホープを食ってしまえば一気とトップ戦線へのし上がることができる。
関係者の予想を聞くと、ほとんどの人が江川KO勝ち(笑)
まあその予想の方がクラは燃えるんでいいです。
明日のKrush73、第一試合から大番狂わせを御期待ください!!

2017/02/17(Fri)
GETOVER情報| | コメント(0)

カレンダー

01 | 2017/02 | 03

-

-

-

1

2

3

4

5

6

7

8

9

10

11

12

13

14

15

16

17

18

19

20

21

22

23

24

25

26

27

28

-

-

-

-

月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

QR