2010年06月19日

名古屋のキックボクシングジム[GET OVER]代表、中島稔倫のブログです。2010年06月19日

中島稔倫の波乱万丈日記 » 2010年06月19日

下界からの復活



現在名古屋では有名な接骨院院長、埜谷悟。
のや接骨院、ぱんち接骨院、あすなろ接骨院の3件を経営し、その職種とは全く正反対な独特な恐いキャラで夜の町でも人気を集めている。BRIDGEではおなじみのリングアナ。 大和40周年興行ではやまとやムエチキ氏と共にプロ並のリングアナをやってくれました。
そんな埜谷院長、昔はキックボクサー。大和ジム時代の僕の2世代後の後輩。
全日本時代はデピューから4連勝4連続KO勝ちを記録し95年度全日本新人王。
その後、ニュージャパンと分裂してからはNJKFウェルター級9位までのぼりつめました。
ちなみに95年度の全日本の年間表彰は僕も敢闘賞をもらい埜谷と一緒に東京へ行きました。
この時代は全日本の全盛期でこの年の覚えている各賞受賞者をあげてみると、優秀選手賞ー前田憲作、敢闘賞ー遠藤直樹、中島稔倫、努力賞ー小林聡、北川銀次、年間最高試合ー立嶋篤史VS遠藤直樹、ゴング格闘技賞ー貝沼慶太、新人賞ー埜谷悟。
他にも受賞者がいましたが覚えてるのがこれくらいです。
熊谷直子、土屋ジョーなどいましたが受賞した賞がなんだったか覚えてません。ただこの顔ぶれ、この頃の全日本キックがどれだけレベルが高かったかおわかりになるでしょう。
つまりそんな時代に新人賞を受賞した埜谷院長。
今はあんなや○ざみたいですが、一昔前は将来を期待されたキックボクサーだったのです。
ちなみに今日の約12年ぶりジムワーク。サンドバッグで足がつり、続行不可能となりました。
本人はかなり悔しかったようで来週から週3でジムに来るようです。
山本恭太同様コーチとして指導もしてもらいます。
しかし昔は昔。
少し動いて足がつってしまうコーチでは困ります。
来週から夜のネオンはしばらく自粛し、肉体改造を目指すとのことです!

2010/06/19(Sat)
GETOVER情報| | コメント(0)

真夏の連戦!前田、瞬太試合決定 !

先日Krush7後楽園ホール大会にてKO勝利をおさめた前田修は7月25日(日)ナゴヤキックZepp名古屋大会に出場。
心機一転をはかり、強い自分を見せると言う瞬太は7月18日(日)Survivor新宿FACE大会に出場が決定!
瞬太は7月9日のKrush8後楽園ホール大会に出場予定でしたが金曜興行で学校のテストと重なってしまったため渋々断念。現役高校生は学校優先と言うことで、やるき満々だった瞬太にグッドルーザー宮田代表がKrushと提携しているSurvivor新宿FACE興行の枠を用意してくれました。宮田代表に感謝です!
アマチュア大会が続く6月、7月に更に輪をかけるように東京の試合が入りラストは25日のナゴヤキックZepp名古屋大会。全勝し祝勝会でみんなでビアガーデンでも行きましょう!

2010/06/19(Sat)
GETOVER情報| | コメント(2)

第2回やまとや杯!


水曜日にムエチキ氏がジュニアクラス第2回やまとや杯用の商品を持ってきてくれました。
今回のやまとや杯も先月やった腕立て対決。
号令に合わせて、しっかりあごまでマットにつけて1回。
白熱した戦いとなりました。
我慢対決、意地の張り合いとも言える基礎体力トレーニングは、戦いの基本精神とも言える自分自身ての戦い。
回数を重ねる度に丈の「おい!誰か早くあきらめろ!」とか声が飛びます。
結局優勝は蓮(小3)と駿(小2)で60回。まだ行けましたが終了としました。この2人、100回達成の日も近いと思います。

2010/06/19(Sat)
GETOVER情報| | コメント(0)

 | HOME | 

カレンダー

05 | 2010/06 | 07

-

-

1

2

3

4

5

6

7

8

9

10

11

12

13

14

15

16

17

18

19

20

21

22

23

24

25

26

27

28

29

30

-

-

-

月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

QR