2010年09月06日

名古屋のキックボクシングジム[GET OVER]代表、中島稔倫のブログです。2010年09月06日

中島稔倫の波乱万丈日記 » 2010年09月06日

久々の勝利の美酒!

なんか昨日のブログの試合結果が中途半端で終わっていてすいません。
土曜日のK-1甲子園の結果は勝敗間違えしてるし・・・・・。
気持ちも興奮しながら更新してるので駄目ですね。
さて、前日の瞬太のK-1甲子園の地区予選大会が準々決勝敗退に終わり、気持ちを切り替えて臨んだ今回のNAGOYA KICK。
今回デビュー戦の岡部、作田は我GET OVERが今年の7月付けでキックセントラルジャパンリーグに準加盟という形で正式参戦する形になり、規定のリーグ認定のプロライセンス取得しプロデビューを果した第1号の選手。
アマチュアでも実績を作ってきた2人。
KOこそ逃しましたが、2人とも大差の3-0の判定で勝利でした。
最終ラウンドが相手のクリンチに苦しめられましたが、もっと上を目指すのならどんな展開だろうとキッチリ倒してこそ本物の強さ。
まだまだプロキックボクサーのスタート地点。
頑張ってもらいたいです。
そしてセミファイナル泰斗。
判定勝ち!長いトンネルから見事抜け出しました。
昨年6月21日、全日本キック野良犬電撃作戦2009後楽園ホール大会でデビューしプロ6戦目の選手相手に判定勝ちをおさめ大物の風格を感じさせました。
その後KAKUMEI、NAGOYA KICKと各団体で勝利しデビューから3連勝しましたが、その後3連敗。
初のKO負けも味わいこの1年で天と地を味わいました。
自信をなくし練習もまともに出来ていない時期もありましたが、そういう時にこそじっと耐え「いつか見とれよ~」っと言う気持がメラメラ感じるような選手になってほしい。
そんな気持ちも含め、かなり今回は厳しく指導してきました。
同年代で手の届かない位置にいる哲也との出会いも大きな変化を与えたと思います。
泰斗のキャラと憎めない人柄で稲留や哲也をはじめ、守永会長まで声をかけてもらえるようになり結果的に3連敗してどん底に落ち、ジムで僕に怒られた後、慰めて励ましてくれる仲間も出来て逆によかったなぁ~っていう状況になってきました。
流れが「これでよかったんだ」と言う雰囲気を感じてきた時は勝負の神がリングに下りてきます。
昨日の泰斗の試合、見ていたみなさんもそう感じたことでしょう。
泰斗のキャラで可愛がってくれるみんなの気持ちが勝利に導いてくれたんだと思います。
後、大地から借りた大地と池上戦のDVD。
大地に昨日お礼のメールしておきました。
「大地の左ハイキックのダウンが泰斗の勝利に繋がった。」と。
大地、苦笑い。
そんなわけで久々に勝利の美酒を味わいに興行後タイフェスへ。
シンハービールとタイ料理で最高でした。
CA3A1053.jpg見事GET OVER軍団全勝!
CA3A1050.jpgファン?に囲まれ写真攻めに???ってみんな知った顔だし。
CA3A1051.jpg泰斗!俺が言ったとおり最後よく回った!あそこで回らんかったら負けとったぞ!ナイスだ!
CA3A1054.jpg今話題の2人。「KCJのタイトル取ったら迎えに行くから」。
でも、お父さん曰く「駿介、正明、竜也、翔、4人がけで12Rのスパーやって最後まで立ってた男に娘をやる」
「・・・・・・・・・。」
CA3A1055.jpg「綾乃と結婚するのはチャンピオンになるより難しそうだからこっちの方がいいわ。」と大阪から見に来てくれた泰斗ファンと。
CA3A1056.jpgタイフェスのキングムエブースで。哲也はこの日もサイン攻めに。うちの長男次男と友達の子供でナックムエ(ムエタイ選手)になり哲也と記念撮影。この後孝也会長とうちの長男が勝負!
CA3A1057.jpg
「うちの長男の蹴り、6歳にしてはなかなかでしょ?」と孝也嫁、てんちょうに言ってたら「はいはい兄貴さん親バカですね。」と言われました。

2010/09/06(Mon)
GETOVER情報| | コメント(0)

 | HOME | 

カレンダー

08 | 2010/09 | 10

-

-

-

1

2

3

4

5

6

7

8

9

10

11

12

13

14

15

16

17

18

19

20

21

22

23

24

25

26

27

28

29

30

-

-

月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

QR