2010年10月

名古屋のキックボクシングジム[GET OVER]代表、中島稔倫のブログです。2010年10月

試合前に


なんか来年から地上波デジタル放送やらエコポイントが今年中とかで朝から電気屋を回ってテレビをたくさん眺めてます。チャンネルの20インチのテレビで育った僕としては現代のテレビの昨日は難しすぎる。
説明を聞けば聞くほど予定金額が大幅に上がって行く。
朝10時から3件まわり最初のコジマに戻って来ましたが予定金額の倍以上に。
それにテレビだけ買うはずがブルーレイやら下の台もつけてとんでもない額に。今モッチ似の口のうまい店員に大幅割引を交渉中。

2010/10/24(Sun)
GETOVER情報| | コメント(0)

いよいよ明日は

明日は我ジム最強?と噂の高い中川健太郎復帰戦。
健太郎は昨年5月のナゴヤキックでの和真戦以来の試合。
名古屋のごく一部のキックファンと夜の錦の女性ファンには注目の一戦らしい。今回の健太郎VSブル戦。
マニアック路線か正統派路線になるかは二人の試合内容で決まるでしょう。
ただ僕の予想では試合内容とは関係なくこの日一番の騒がしい試合になるでしょう・・・いや、盛り上がる試合になるでしょう。
とりあえず健太郎ちょっとだけがんばったのでちょっとくらいは強い健太郎を見せてくれるでしょう

2010/10/24(Sun)
GETOVER情報| | コメント(0)

泰斗最終スパー

明日はKAKUMEI KICKですが来週にはNAGOYA KICK Zepp 名古屋大会を控えてます。
今日は泰斗の最終スパー。
作田も同行させて最後は中日ボクシングジムへ行ってきました。
相手は8回戦の伊藤康隆選手。かつては全日本新人王の決勝まで行った選手です。
泰斗8R、作田3R行いました。
もちろんパンチのみですが内容の濃いスパーリングでした。
初めてのボクサーとのスパーリングで2人とも良い経験になったと思います。

CA3A1189.jpg
CA3A1190.jpg
CA3A1191.jpg

2010/10/23(Sat)
GETOVER情報| | コメント(0)

合同スパー

CA3A1183.jpg
昨日はOISHI GYMより小川翔、祖父江武士が来て合同スパーリング大会。
泰斗、瞬太、前田、作田などでリングでガチスパー、下でマススパーで順番に回しながら長いラウンド行いました。
まずは泰斗に今日OISHIGYM来るぞって言ったら「えっ?」とビビりモード。
今名古屋のキック界で話題になっている泰斗と綾乃の熱愛の噂。
キック関係ブログでもネタとして使われる程(すべて大和系列の身内ですが)噂は大きくなっています。
「この前のKrushの時、挨拶したら大石会長の目が怒ってた」とか言ってたからウォームアップしながらいつになく緊張気味の泰斗。
大石会長はじめ選手たちが到着すりなり「泰斗、調子いいか?」って声かけられて少しホッ。
さらに「試合終わったらまたうちに出稽古来いよ!」と言われ「えっ?マジッスか?」。
こっそり僕の耳元で「やっぱ大石会長怒ってますよ~」。
そんな泰斗ですがスパーリングでは良い動きでした。
立ち上がりの段階がいつも手数が少ないのが欠点ですがだんだんエンジンがかかるスロースターターの泰斗。
のんびりした泰斗の性格がファイトスタイルにもあらわれています。
前田、瞬太、作田も翔相手に良い動きを見せてくれました。
作田はアマチュアを経てプロデビュー、泰斗、前田、瞬太はかなりの試合数をこなし今年1年でかなり技術的にも精神的にも成長していると思います。
そして昨日来た祖父江武士は31日のKrushEX新宿フェイス大会にてプロデビュー。
翔は11月にK-1甲子園2010決勝トーナメント。
昨年の自分自身へのリベンジです。
祖父江はなかなか面白い選手。
実力あるテクニシャンタイプのつまらない試合ばかりする選手なんかと戦わせると面白い試合になると思います。
試合を盛り上げる着火剤的な選手ですね。

たまにはジムの枠を超えた志を高く持った者同士で交流し、一緒に汗を流し競い合うと新たな発見があったり違う角度から見たアドバイスがもらえ、いい勉強になると思います。
そう言えば僕も昨日大石代表からジムの安全設備に関するアドバイスや抗菌防臭の方法に関する裏技を教えてもらいました!
ありがとうございました!


2010/10/22(Fri)
GETOVER情報| | コメント(0)

熊と格闘技

最近熊出没のニュースが世間を騒がせている。
熊と言えば空手バカ一代、大山倍達総裁。でも僕は熊と言うと真っ先に思い出すのが熊殺しUSA大山空手のウィリーウィリアムス。
猪木対ウィリーの試合をリアルタイムで見てた僕は、当時小学生だった僕にとっては猪木アリ戦より衝撃的だった。 ボクシングの世界ヘビー級チャンピオンより“熊殺し”。
この肩書きを聞いた時、当時10歳だった僕はウィリーこそ人類最強の男だと思った。
ウィリーを見てから空手バカ一代を読み大山総裁の本を何冊も読んだ。
「牛と戦うには・・・」とか「熊と戦うには・・・」とか読んで親指腕立てとか2本指での懸垂とかそんなことばっかりやってた。
今思えば牛倒してもセンチャイソーキングスターには勝てるとは限らない(でも牛は手加減してくれないからある意味牛の方が危険)
熊を倒してもセームシュルトには勝てない。(いや、K-1グランプリ世界トーナメントの一枠を熊にしたらどうか?間違いなく視聴率はめちゃくちゃあがるだろう)。
まあ、そんな感じで昼にこのブログを打ちながら格闘技好きの院長と昔のマニアックな異種格闘技戦の話をしてた。ジムに戻ったら木曜日のおなじみのお客さん、名古屋空手界のご意見番S原さん。
格闘技雑誌を隅から隅まで読んでるオタクなのにいかにも自分の意見のように言う人。
あの人と話ながら心の中で「それって先月のゴン格の白黒のページの隅に書いてあったやん!」って突っ込みたいけど怖いから言えない人。S原さんに接骨院で話てた事を問題で出してみた。
「猪木対アリ戦っていつやったか知ってます?」
「1976年6月26日、昭和51年だな」
「え~!!さすがS原さん!猪木対ウィリーは何年ですか?」
「4年後の1980年、ウィリーは昭和26年生まれだから今59歳だな。って言うか俺ってよー知っとるな~」
「猪木の異種格闘技戦の相手と日にちと勝敗と真剣勝負か八百長か全部言えます?」
「あ~言えるよ、言おうか?」
「あっ、もういいですいいです。また今度教えてください」有名な空手家であり知る人ぞ知る格闘技オタクのS原さんでした!

2010/10/21(Thu)
GETOVER情報| | コメント(2)

カレンダー

09 | 2010/10 | 11

-

-

-

-

-

1

2

3

4

5

6

7

8

9

10

11

12

13

14

15

16

17

18

19

20

21

22

23

24

25

26

27

28

29

30

31

-

-

-

-

-

-

月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

QR