2010年10月21日

名古屋のキックボクシングジム[GET OVER]代表、中島稔倫のブログです。2010年10月21日

中島稔倫の波乱万丈日記 » 2010年10月21日

熊と格闘技

最近熊出没のニュースが世間を騒がせている。
熊と言えば空手バカ一代、大山倍達総裁。でも僕は熊と言うと真っ先に思い出すのが熊殺しUSA大山空手のウィリーウィリアムス。
猪木対ウィリーの試合をリアルタイムで見てた僕は、当時小学生だった僕にとっては猪木アリ戦より衝撃的だった。 ボクシングの世界ヘビー級チャンピオンより“熊殺し”。
この肩書きを聞いた時、当時10歳だった僕はウィリーこそ人類最強の男だと思った。
ウィリーを見てから空手バカ一代を読み大山総裁の本を何冊も読んだ。
「牛と戦うには・・・」とか「熊と戦うには・・・」とか読んで親指腕立てとか2本指での懸垂とかそんなことばっかりやってた。
今思えば牛倒してもセンチャイソーキングスターには勝てるとは限らない(でも牛は手加減してくれないからある意味牛の方が危険)
熊を倒してもセームシュルトには勝てない。(いや、K-1グランプリ世界トーナメントの一枠を熊にしたらどうか?間違いなく視聴率はめちゃくちゃあがるだろう)。
まあ、そんな感じで昼にこのブログを打ちながら格闘技好きの院長と昔のマニアックな異種格闘技戦の話をしてた。ジムに戻ったら木曜日のおなじみのお客さん、名古屋空手界のご意見番S原さん。
格闘技雑誌を隅から隅まで読んでるオタクなのにいかにも自分の意見のように言う人。
あの人と話ながら心の中で「それって先月のゴン格の白黒のページの隅に書いてあったやん!」って突っ込みたいけど怖いから言えない人。S原さんに接骨院で話てた事を問題で出してみた。
「猪木対アリ戦っていつやったか知ってます?」
「1976年6月26日、昭和51年だな」
「え~!!さすがS原さん!猪木対ウィリーは何年ですか?」
「4年後の1980年、ウィリーは昭和26年生まれだから今59歳だな。って言うか俺ってよー知っとるな~」
「猪木の異種格闘技戦の相手と日にちと勝敗と真剣勝負か八百長か全部言えます?」
「あ~言えるよ、言おうか?」
「あっ、もういいですいいです。また今度教えてください」有名な空手家であり知る人ぞ知る格闘技オタクのS原さんでした!

2010/10/21(Thu)
GETOVER情報| | コメント(2)

 | HOME | 

カレンダー

09 | 2010/10 | 11

-

-

-

-

-

1

2

3

4

5

6

7

8

9

10

11

12

13

14

15

16

17

18

19

20

21

22

23

24

25

26

27

28

29

30

31

-

-

-

-

-

-

月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

QR