2012年02月

名古屋のキックボクシングジム[GET OVER]代表、中島稔倫のブログです。2012年02月

サクラット、タイにて判定負け

18日(土)の土曜日、タイ国ホアヒンの会場で行われた試合に出場したサクラットウエダ。
相手は100戦以上のキャリアの選手だったらしく、フルラウンド戦いましたが惜しくも判定負けだったようです。
ムエタイはタイの国技であり文化です。
タイのリングに立つ時は向こうのしきたりに従うのは常識。
キックルールとムエタイルール、似ているようでぜんぜん違います。
キックのお客さんはキックファンですがムエタイのお客さんはギャンブラー。
選手が負ければ全財産、生活でさえ失う人もいるわけです。
だから、ムエタイのトップ選手が集まる二大殿堂、ラジャダムナンスタジアムとルンピニースタジアムでは毎日一攫千金を夢見るギャンブラー達の熱い声援が飛び交うわけです。
そんなムエタイに挑戦するサクラットウエダ43歳の挑戦。
もう次のタイ遠征の予定も立てているとか・・・・・。
日本の40オーバーの男たちに喝を入れるべくサクラットは戦い続けます。

ML_DSC012490001.jpg

2012/02/22(Wed)
GETOVER情報| | コメント(0)

逆転の貴公子

先週ジムから帰ってビール飲みながらテレビ見てたら懐かしいビデオ映像が流れてた。
元プロボクシング日本バンタム級&スーパーバンタム級チャンピオン、“逆転の貴公子”高橋ナオト。
有吉とマツコデラックスのトーク番組で日本三代○○ってコーナーで高橋ナオトの2試合が紹介されてた。
高橋ナオトと言えばこの試合とも言える日本スーパーバンタム級(当時はJrフェザー級)タイトルマッチ、マーク堀越戦とタイのチャンピオン、ノリジョッキージムとの防衛戦。
昔、このマーク堀越戦をビデオで見た時、フラフラの状態からの逆転劇に寒気ボロが立つくらい感動した。
僕がまだ大和ジムに入門してデビューする前くらいに名古屋市公会堂にボクシングを見に行ったとき畑中さんがピューマ渡久地と高橋ナオトを連れてきててリングで紹介したとき、当時格闘技とプロレス関係の有名人にミーハーだった僕は生高橋ナオトを見て感動した。
たしか当時は日本人の世界チャンピオンが不在のボクシング界で、逆転劇を見せて観客を沸かせるファイトを見せてくれる高橋ナオトは次期世界チャンピオンとして大きな期待がかかっていた。
しかし、全日本2階級制覇を果たした後けがのため引退。
世界チャンピオンになってない選手なのに引退式が東京方面のテレビで生中継されたぐらいの人気選手だった。
マーク堀越戦とノリジョッキージム戦、youtubeにあったからあらためて見てみた。
プロのリングに憧れてたあの頃の目線で見て感じた事と今の目線で見て感じる事は違う。
選手の時の目線と指導者になってからの目線。そして“親の立場”での目線。
久しぶりに見て感じた事は「うちの選手だったらタオルを投げてる。」と言う事。
その前に今のボクシングのルールなら逆転劇の前に止められてると思う。
危険と感動は隣り合わせ、大きな感動を得ようと思ったら大きなリスクも背負わなければいけない。
いくら選手が命を賭けてるって言ったとしても、ボコボコに殴られて血だらけでフラフラの選手に「行け!」とは言えない。
セコンドって命を預かる仕事、自分が試合をするよりしんどいなぁ~と感じる今日この頃。
マーク堀越戦とノリジョッキージム戦です。




2012/02/21(Tue)
GETOVER情報| | コメント(2)

R-1


これ飲むとインフルエンザにならないらしい。
これ給食で出してた学校の生徒たちは、インフルエンザにならなかったとか。
嫁が買ってきたから飲んでみたらうまい! まあ、僕はお金がもったいないから家族で僕だけインフルエンザの予防接種やらないけど、インフルエンザにかかった事がない。
ただ・・・インフルエンザにはならないけど昨年の正月明けと今年の正月明けに尿管結石になった。
僕はインフルエンザなんかより尿管結石の予防注射を作ってほしい。

2012/02/21(Tue)
GETOVER情報| | コメント(0)

迷わず前へ、その先に何かがあるから

“迷わず前へ、その先に何かがあるから”今年のジム関係者用の年賀状に書いた言葉。
年明けからの3連戦も終わり結果は2敗1分け。
スタートからジムとしては苦い結果となったけど、しっかり結果を受け止め前に進むしかない。
キックボクサーとして“前に進む”とはどういう事か?
試合で負けて、「どれだけやられても俺は前へ進むのみ!」とか恰好いい事言う選手多いけど、“前に進む!”って言うのは、現役を続行するとか、次来た試合のオファーを受けるとかそんなことじゃない。
“前に進む”って事は単純な事、“練習する”と言う事。
1日2時間の練習で勝てないなら3時間の練習にしてみたり、朝7kmのロードワークを10kmに増やしてみたり・・・・・。
次の試合まで武者修行のつもりでいろんなジムにスパーリングに行こうって決めて、週1や週2で出稽古に行ってみたり・・・・・・。
ミットやスパーリングや首相撲や、何十ラウンドやりましたとかそんな事は誰でもやってること。
自分で頭で考えて、自分なりに工夫をして練習することが大事。
言われた事をやってるだけでは人並み以上にはなれない。
好きな人ができると24時間その子の事ばっかり考えているように、学校でも職場でもキックの事ばっかり考えてるくらいのキックバカにならないとトップは目指せないね。
時間がないとか仕事が忙しいとか・・・・・本当に勝ちたいなら夜中でも練習する。
睡眠時間を削ってでも本当に勝ちたいなら、本当にチャンピオンになりたいなら練習するはず。
練習しても練習しても勝てない、でも練習しないと勝てない。ならば、みんなよりももっともっと練習しよう!
これが、前に進む事です。



2012/02/20(Mon)
GETOVER情報| | コメント(0)

祝勝会


みんな勝ったんで、ガストで祝勝会。
最近祝勝会やってないから気分がいい。
でも今日はジュニアの祝勝会で、しかも僕は運転手だからアルコールはなし。
ドリンクバーでの乾杯も・・・悪くはないかな・・・?
この後休憩してランニング。

2012/02/19(Sun)
GETOVER情報| | コメント(0)

カレンダー

01 | 2012/02 | 03

-

-

-

1

2

3

4

5

6

7

8

9

10

11

12

13

14

15

16

17

18

19

20

21

22

23

24

25

26

27

28

29

-

-

-

月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

QR