2013年06月10日

名古屋のキックボクシングジム[GET OVER]代表、中島稔倫のブログです。2013年06月10日

中島稔倫の波乱万丈日記 » 2013年06月10日

新ためて昨日の結果と感想です

新ためて昨日ゴールドジム大森にて開催されたFLAT UP主催興行“KICK Clasico”。
昨日結果をお伝えした通りサクレーンペット、作田共に素晴らしいファイトを見せてくれました!
写真 3 (1)
事情があってポスターは上の部分しか載せれません(笑)
セミファイナルに出場した作田の相手は元MA日本バンタム級7位桜井裕也(FLAT UP)。
少しブランクがあり復帰して2連勝中。
勢いに乗ってる選手だったんですが、作田も進化した姿を見せてくれました。
1RKO勝利!
2011年4月24日のNAGOYA KICKの判定勝ちから1試合だけ引き分けを挟んで6連敗。
長い長いトンネルでした。
人生何をやってても、ずっと自分が思うように物事が進んで行くならば、この世に本当の楽しみと言う物はなくなるでしょう。
苦しんで苦しんでやっとつかんだ1勝。
「あの頃があったから今があるんだ。」
痛みも苦しみも流した涙も“すべてがこれで良かった”って思えた時に人間は大きく成長すると思う。
そんなドラマチックな人生のストーリーを作るのも自分です。
長いトンネルからの今回のKO勝利が大きな自信につながると思います。
写真 3 (2)
そしてサクレーンペット。
相手はアマチュア時代にかなりの実績を作ってプロに転向した今年3月まで高校生だった仲尾宗一郎(MONSTAR GYM)。
次戦は新人王トーナメントの決勝戦が決まっている期待のホープ。
サクレーンペットは戦績はかなり上ですが年齢は今年45歳の超ベテランファイター。
誰が見てもサクレーンペットはかませ犬に見えるマッチメイクでした。
1Rにハイキックでダウンした時普段の僕なら、サクの体の事を心配してタオルを投げようと思うのですが、昨日は何故か「いや、絶対行ける!」って思いました。
2Rあたりから相手もサクの執念に押されて下がり出して来て表情に明らかに“焦り”が見えてきた。
「絶対下がるな!前に出ろ!」を連呼し、2R終了後のインターバルでは「相手が左のボディブロー狙ってガード下がって来てるから右をおもいきりかぶせろ!」それだけ指示しました。
最終ラウンドのラスト15秒くらいで右ストレートで見事にダウンを奪い返しました。
相手が立ち上がったところで試合終了!。
会場も盛り上げ見事逆転勝ち!・・・と行きたいところだったんですが2-0判定は仲尾でした。
悔しい結果でしたがよくよく考えてみれば、最初のダウンあったからこそこういう劇的な試合になったんだと思う。ダウンがなかったらここまでの執念を見せてくれるような試合にはならなかったしダウンは奪ってなかったと思う。
「絶対負けたくない!」って言う執念が期待の新人ホープにプロの厳しさを教え込んだような試合でした。
がんばれ元気で言えばシャーク堀口VS関拳児の試合・・・古すぎ(笑)

サクレーンペットは載せれないので相手の仲尾宗一郎選手です!
写真 1 (4)
試合終わってコーナーまで挨拶に来たとき「ブログ読んでます。後で写真撮ってください。僕泰斗選手のファンなんです。泰斗選手に伝えてください。」って言ってました。
「ブログ読んでます!」って言われると嬉しいですね(笑)
なかなか可愛い仲尾宗一郎君でした。
仲尾くんのブログもどうぞ!
フェイスブックもやってるみたいです(笑)

そして久しぶりの再会。
この真ん中のタイ人と現役時代に2度拳を交えました。
そのうちの1戦は僕がプロ25戦目で初めてダウンを奪われた試合、しかも1Rにバックスピンエルボー(回転肘打ちで)
1Rにダウンしてゴングに救われ、記憶がないまま5Rフルに戦いしました。
思い出深い1戦であり、この人とは2試合共5Rフルに戦いました。
結果も1勝1敗です。
元ルンピニーのフライ級1位、日本でのリングネームはアラビアンゲッソリバー。
現アラビアジム会長です。
(アラビアジムは現在休業中)
ちなみに右はお馴染みGET OVER東京応援団のさくちんです。
写真 4 (1)

2013/06/10(Mon)
GETOVER情報| | コメント(0)

 | HOME | 

カレンダー

05 | 2013/06 | 07

-

-

-

-

-

-

1

2

3

4

5

6

7

8

9

10

11

12

13

14

15

16

17

18

19

20

21

22

23

24

25

26

27

28

29

30

-

-

-

-

-

-

月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

QR