2013年10月15日

名古屋のキックボクシングジム[GET OVER]代表、中島稔倫のブログです。2013年10月15日

中島稔倫の波乱万丈日記 » 2013年10月15日

キック界のど真ん中の戦い

写真 4
現役タイ国ラジャダムナンスタジアム王者シリモンコンエイワジムに挑むケミカル☆瞬太。
試合が近づくにつれて練習中の瞬太の顔つきも変わってきています。
一つ言える事は“賞金”と言う2文字が入った事で、瞬太の練習に対する意気込みが確実に変わってきました。
ミット打ちも僕がミットを構える反応がコンマ何秒か遅れれば肘で顔面をザックリ行かれそうな勢いです。
やはり人間を動かすには分かりやすいご褒美が一番いいみたいです(笑)

“タイ人は基本的に何でもできる。しかしタイ人でもフェイントをかければ面喰う”と藤原敏男先生が言っていた。ムエタイ王者と技術で勝負しようとしても不可能に近い。
でも、どんなトップ選手でも、必ず試合中、1度や2度はミスをする。
そして、どう相手にミスさせるかと言う心理作戦に近いようなテクニックも技術のうちだと思う。
昔僕がティーレックと戦った時、距離取られて遊ばれたら試合にならない、ティーレックを怒らせて前に出させないと試合にならないと思い1R開始のゴングと同時にグローブを合わせるフリをして右アッパーから入ってみた。
ティーレックは案の定激怒して猛反撃してきて最後は4R僕が2度目のダウンで倒れたところにもう1発頭に肘を落とされてストップされた(笑)
でも試合をさせてくれないような戦い方よりはこの方が良かった。
そして、どんな名選手でも激怒して襲いかかってくれば必ずチャンスはある。
攻撃してきたときにこそ“ミス”はある。
瞬太には是非シリモンコンを本気にさせて真向勝負を挑んでほしい、チャンスは必ず来るから。
キックボクシング界のど真ん中を突っ走ると行きつくところは打倒ムエタイ路線。
瞬太はそのど真ん中で最高峰と真っ向勝負を挑みます!

写真 2
写真 1 (1)

2013/10/15(Tue)
GETOVER情報| | コメント(0)

 | HOME | 

カレンダー

09 | 2013/10 | 11

-

-

1

2

3

4

5

6

7

8

9

10

11

12

13

14

15

16

17

18

19

20

21

22

23

24

25

26

27

28

29

30

31

-

-

月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

QR