2015年10月

名古屋のキックボクシングジム[GET OVER]代表、中島稔倫のブログです。2015年10月

BRIDGE road to SENDAI中日新聞掲載記事

先日のBRIDGE road to SENDAI2015について、中日新聞の記者さんがドラゴンジム平塚兄弟をクローズアップしコラムとして記事を載せてくれました。
毎回名古屋に一家で来てくれてよく知ってるだけに、短い文ですが涙が出てきそうになっちゃいました。
IMG_6887.jpg
10月23日中日新聞夕刊です。
いつも明るく名古屋でも大人気の体の大きい弟琉記也(るきや)と弟より体が小さくて少し天然っぷりを発揮する兄ちゃん温大(はると)。
いつも明るく可愛い兄弟ですが、大きな悲しみを背負っていることも聞いてました。
毎回名古屋の試合を楽しみにしてくれていて、一家で来て打ち上げまで参加してくれます。
子供の頑張りが両親を励まし前向きな気持ちへと導いていく。
GET OVERとドラゴンジムとの交流はただの名前だけの復興支援イベントではなく、リングの上の戦いはしっかりと明るい未来を照らしているわけです。

2015/10/24(Sat)
GETOVER情報| | コメント(0)

GET OVER WOMEN’Sポスター完成!サンドバッグ到着!

12月1日オープン、GET OVER WOMEN’Sのポスターが完成しました!
チラシ

貼ってくれるお店がありましたら連絡ください!お持ちします(笑)
このポスター、チラシのデザインはroad to SENDAIのポスター同様、かなりこだわりました。
富士山の日の出の写真を入れたかった事やジム名、キャッチコピーの言葉や6階、7階のジムの表現など、自分で考えイメージを伝え一つの作品に仕上げてもらいます。
テーマ、キャッチコピー、ありきたりのものではなく独自の表現をして行きたかったので。
そんな僕のイメージを言葉で表現してデザインしてくれたのが日比野商店街の加盟店であるTKデザインの亀岡さんです。
IMG_6859.jpg
このポスターとチラシのデザインはKHデザイン松浦社長も大絶賛しております。
このデザインを元にオープンに向けていろいろと計画中です!
お楽しみに!
IMG_6853.jpg

2015/10/22(Thu)
GETOVER情報| | コメント(0)

今週金曜日の昼の部は臨時休業、BRIDGE road to SENDAI Fight & Life掲載

IMG_6871.jpg
明後日23日(金)のAM10:00~PM14:00までの昼間の部は臨時休業となります。
誠に御迷惑をおかけしますがお間違えのないようにお願いします。
この日はBRIDGE road to SENDAI開催のために多大なお力添えを頂いている名古屋市会議員、加藤かずとさんのコンペに参加してきます。
ちなみに昨年は見事に160人中160位でした(笑)

そして!そのBRIDGE road to SENDAI 2015の記事が今月発売のFight & Lifeに大きく掲載されています!
スポンサー、協賛企業の方、GET OVER関係者、大会スタッフ、会長、選手、生徒など知り合い特権を持っている方などの方々には無料で配布します(笑)
たくさん宣伝してください!
IMG_6870.jpg

2015/10/21(Wed)
GETOVER情報| | コメント(0)

再び大ブレイク!高校時代の青春のラグビー!

日本が南アフリカから歴史的な勝利を挙げて、再びラグビー人気を取り戻しつつある日本。
そんなラグビー人気が爆発していた時代、約30年前、伝説のドラマ“スクールウォーズ”で日本中にラグビー人気が爆発した。
そのスクールウォーズで僕も完全に影響を受けて、ラグビー部のある高校を選んだ。
僕が高校に入学した時代は、ラグビー部に入部した時代は新入生も過去最高、部員数も過去最高の部員数だった。
そんな過去最高の新入生も月日が経てば1人辞め二人辞め・・・・・・。
2年生は部員数が少なかったので、僕は翌年には2年生でレギュラーの座を獲得しました。
そんな僕の青春時代のラグビー。
520130731133806e62s.jpg
オールブラックスが初来日した年は第一回ワールドカップが開催された年。
あの、“ハカ”を見た時は寒気ボロが立つくらいしびれた。
1995年のワールドカップではオールブラックスに145対17と言う記録的な大敗を喫して日本ラグビー、その頃にはラグビー人気は落ちていた。
GET OVERを立ち上げた頃、スクールウォーズの滝沢先生のモデルとなった現伏見工業名誉監督、山口良治先生の講演会に参加させてもらいました。
2010年9月27日ブログ
「悔しい!」って言う気持ち、この気持ちさえあれば人生どんな難関でも乗り越えられると山口先生は言う。
この気持ち、いくらお金を積んでも買えない。
最近の子供達に足りない物、この「悔しい!」って気持ち。
スクールウォーズの名シーンでありますね。
「お前らゼロか!ゼロの人間なのか!悔しくないのかー!!」
「悔しいです!今まで負けるのが当たり前だと思っていたけど!今は悔しいです!」

ラグビー人気が低迷し、今回英国出発の見送りはわずか数十人。
しかし、帰国の時はフラッシュの嵐で空港は大パニック状態。
ラグビーなんて全く知らなかった人まで、桜のジャージ来て日本を応援するようになった。
わずか数日で歴史が変わり日本が変わった。
ロスタイム入れて後ワンプレーでノーサイドのホイッスルが鳴ると言う状況でのオフサイド、ペナルティゴールで引き分けを選ばずスクラムで真っ向勝負し逆転を狙った。
そして、あの距離から左サイドから右サイド、そして再び左サイドギリギリへトライ!
まさにグランドを大きく使って桜のジャージを着た選手達がグランドいっぱいに駆け抜けたトライ!
素晴らしかった!
今再び大ブレイクし始め、高校時代ラグビーやっててよかったぁ~って思う。
スクールウォーズの最終回、学校名は違うけど京都伏見工業ラグビー部初の全国優勝を描いた実話です。
今回の日本が南アフリカを破った快挙はまさに、約40年前、伏見工業がロスタイムで逆転トライを挙げて全国優勝したシーンと全く同じ。

2015/10/20(Tue)
GETOVER情報| | コメント(0)

年末恒例、揖斐川フルマラソンに向けて

今年も年末恒例、自分への試練の行事、揖斐川フルマラソンが近づいてきました。
12月1日オープンのGET OVERWOMEN‘Sの準備でかなり忙しい毎日ですが、“時間をうまく作るのも才能にうち”と言う事で、やれる範囲で頑張って調整練習を行っています。
毎年増えて行く、かつてリングで戦ってきた戦友達・・・・・。
10801710_674101709372637_89881358106169101135_ns.jpg
今はそれぞれの生活があり立場がある仲間ですが、年に1度一緒に汗かいて最高にうまい酒をみんなで飲もうと言うイベント。
ただ、それがフルマラソンとなると、この日までに体の準備が必要なわけです。
そんな、ほぼ40オーバーの昔一緒に汗を流した仲間たちが、同じ目標に向かって頑張って同じ達成感を味わってみんなでうまいビールを飲むと言う年に1度のイベント。
IMG_6845.png
フルマラソンはその本番に向けての練習が辛いんです(笑)
昨日はGET OVER最速のモンクレール宮地と地獄の御幸山坂道ダッシュ3本入れて32kmラン。
前日夜中の3時まで飲んでの7時半起きの32km、地獄でした(笑)
IMG_6844.jpg
IMG_6847.png
名古屋では出産の祈願でも有名な塩竃神社の前の坂道。
ここの坂道は本当に試練の坂道です。
5本往復できたら上出来です、翌日歩けないかもしれませんが(笑)
興味のある人はやってみてください(笑)

2015/10/19(Mon)
GETOVER情報| | コメント(0)

カレンダー

09 | 2015/10 | 11

-

-

-

-

1

2

3

4

5

6

7

8

9

10

11

12

13

14

15

16

17

18

19

20

21

22

23

24

25

26

27

28

29

30

31

月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

QR