2016年06月

名古屋のキックボクシングジム[GET OVER]代表、中島稔倫のブログです。2016年06月

日本最高峰へガチンコ勝負の日

いよいよ明日、世界文化遺産日本最高峰、神が宿る霊峰富士へ正真正銘ガチンコ勝負、海抜0mから剣ヶ峰3776mを目指します。
亮隊長がプロモーション会社に依頼してくれてポスターが出来上がってきました!
めっちゃかっこいい!
20160617233910028.jpeg
僕はスペシャルゲスト的な扱い(笑)
20160617233914cbd.png
最終的な荷物確認は明日の朝だけど、ほぼ完了。
最小限に抑えようと思ったけど、なんだかんだでリュックはパンパン(笑)
20160617233912603.jpeg
そして、今回は2つの旗を持って行きます。
前回頂上で掲げたGET OVERの旗と
20160617233912241.jpeg
日の丸
20160617233915042.jpeg
日本人として、国旗が生まれた日本のてっぺんで日の丸を掲げます。
最高の仲間と日本最高峰へガチンコ勝負。
今日はめちゃくちゃ楽しみで、ワクワクして寝れそうにないな。

2016/06/18(Sat)
GETOVER情報| | コメント(0)

ゼロ富士挑戦2日前、なんとGET OVERプロ選手1名緊急参戦決定!!

ムエチキ氏のおすすめでアームスリーブを購入。
100kmウルトラマラソンを2度完走し、炎天下の中を12時間以上走りぬいているムエチキ氏からのアドバイス。
「昼間の自転車での日焼けはかなりの体力を消耗し、後半の登山がかなり苦しくなるぞ。」
「日焼け防止の意味も含めて絶対アームスリーブをした方がいい。アームスリーブと言えばZAMSTだ!」
ムエチキ氏おすすめのZAMSTのアームスリーブ買いました!
IMG_1492.jpg
なんとなく昨年の富士登山のブログを見て振り返ってみました。
昨年は璃玖のお父さんと武、そしてジュニアクラスの子供たち2年生から中2まで12名と亮隊長一家と弟の弘康親子含め総勢20名での登山でした。
7合目からの爆風、8合目から高山病、いろんなハプニングがありましたが、子供たちにとってはみんな良い経験だったと思います。
20150629215250ca121.jpg
20150629215252901bs.jpg
IMG_15112s.jpg
IMG151114s.jpg
みんな口をそろえて言う言葉は「もう2度と登りたくない」(笑)
僕も13歳で初めて親戚の叔父さんと登った時同じことを思った(笑)
IMG_15117s.jpg
でも、この頂上から見える最高の景色。
13歳の時、28歳の時、そして昨年44歳の時、心に感じたことは違う。
ただ、一つ言えることは早くても遅くても、辛くても苦しくても、あきらめず確実に一歩ずつ一歩ずつ歩いていれば必ず日本最高峰の頂上へたどり着けると言う事。
自分の体で感じてみる事です。
IMG_15130s.jpg
昨年富士山の頂上で浮かんだ言葉を直筆で書いてroad to SENDAIのポスターに載せました。
今年はどんな言葉が浮かぶかな?
201509112300202612s.jpg
そんなゼロ富士挑戦2日前、うちのプロ選手が1名参戦を申し出てきました!!
6891605280_66b89d5b7e_b.jpg
完全に山をなめきっているこの男ですが、穴の開いた靴で揖斐川フルマラソン、途中でトイレで大便しての3時間30分ジャストと言う恐ろしいタイムを出している男。
今回の挑戦、今日申し出て全く準備なし。
安い自転車を明日購入し、靴は運動靴で登るとの事。
カッパはサウナスーツで防寒具はモンクレールとの事(笑)
そんなモンクレール宮地の参戦が決まり更に面白くなってきたゼロ富士挑戦!
いよいよ明日は前日、参戦メンバー全員心配と不安の中での準備で忙しい1日となるでしょう(笑)




2016/06/16(Thu)
GETOVER情報| | コメント(0)

ゼロ富士挑戦まで後4日、今回の挑戦のテーマ

ゼロ富士挑戦まで後4日、静岡の親戚からたくさんの激励と協力のFAXが送られてきました。
IMG_1462.jpg
IMG_1466.jpg
IMG_1465.jpg
IMG_1463.jpg
IMG_1464.jpg
調べれば調べるほど生まれ故郷の象徴であり日本の象徴、そして今では世界遺産となった富士山への好奇心が広がる。
今回このゼロ富士挑戦を行う事で、僕なりに掲げたテーマは、‟原点回帰、ゼロから最高峰への挑戦!!”
昨年9月にGET OVERが10年目を迎え、11年目に突入したと同時に12月1日WOMEN'Sをオープン。
社員、スタッフも増えて規模が大きくなってきた今、自分自信への闘魂注入の意味も含めそんなテーマを掲げました。
今日は注文していたヘルメットが届き
IMG_1474.jpg
自転車の点検、整備完了!!
ついでに苦手なパンクした時のタイヤの取り外しとチューブ交換やり方の指導もしてもらいましたが・・・・・・できるかな(笑)
ライトも一番明るいものに変えました。
IMG_1467.jpg
IMG_1469.jpg
‟一人の挑戦が周りの意識を変えていく”
今回挑戦する一人ひとりの周りの人たちに、元気と勇気を届け一歩踏み出すきっかけになればと思います。
最高の仲間たちと、最高の挑戦をして最高のビールを飲む。
これがお金では買えない最高の幸せです。





2016/06/15(Wed)
GETOVER情報| | コメント(0)

K-1 WORLD GP 2016 -65kg世界最強決定トーナメント開催に伴い臨時休業のお知らせ

6月24日(金)東京国立代々木競技場第二体育館にてK-1 WORLD GP 2016 -65kg世界最強決定トーナメントが開催されます。
IMG_1447.jpg
GET OVERからは選手は出場しませんが、今回の試合の為に出稽古に来ていた野杁正明 が出場しますのでスタッフ、一緒に練習してきた選手みんなで応援行こうと言う事になりました。
本当は応援ツアーでも組もうと思ってたんですが早い段階でのチケット完売と言う発表があり、後援会の方からスタッフ分のチケットだけなんとか回してもらうことができました。
あと船方小学校6年生が偶然修学旅行翌日と言う事で学校が休みなので、うちの長男も正明が世界一になる瞬間を見たいと言う事で応援に連れて行きます。
そんなわけで6月24日(金)はGET OVER、GET OVER WOMEN'S共に臨時休業となります。
6月23日(木)の夜、エアロタイボクシングの振り替えを行います。
会員の皆様にはご迷惑をおかけしますがよろしくお願いいたします。
IMG_1448.jpg

2016/06/13(Mon)
GETOVER情報| | コメント(0)

ゼロ富士挑戦!!海抜0mから霊峰富士山頂3776m地点へ挑む!!

昨年、武を含めジュニアの子供たちと共に人生3度目の富士山登頂を達成した2ヶ月後、KHデザイン社長松浦氏が友人たちと共に富士山0合目からの挑戦をし見事全員登頂に成功した。
普通の富士登山は5合目からが一般常識。
ただ、0合目からの登山というものがあることを知らず、3度の登頂を達成してもなんとなく負けた気分(笑)
ならば来年は・・・・・・・・といろいろと調べてみた。
ここは静岡生まれと言うプライドを賭けて無謀とも言われるような挑戦をしてみたい。
親戚の叔父さんに聞いていろいろ調べてみると出てきました!
出てきました!!
本当の富士登山とは

本物の富士登山とは。

そう、本物富士登山とは海抜0mからのスタートが本物の富士登山。
そして、これもなんかの運命。
スタート地点は昔何度も遊びに行ったお袋の実家から徒歩5分の海、田子の浦港。
しかも、スタートの時お参りする富士塚は実家の目の前の神社。
お袋に電話しても全く知らなかったという、人間興味がないことは目の前の事でも全くわかってないという面白い話(笑)
ならばやるしかない!!
しかし、やるとなると3日、4日くらいはかかる挑戦。
さすがにそんなにジムを休むことはできないので同じくゼロ富士挑戦をやろうとしていた亮隊長に連絡してみた。
そしたら亮隊長からの提案は、田子の浦港から富士宮5合目まで自転車で行こうとの事。
そっから3776m地点までトレールランで行こう!との事。
最初は正直「マジか!!」って思った。
田子の浦港から富士宮までが約30km、そっからの富士宮5合目まで約20kmの富士山スカイライン、すべて坂道です。
そっからのトレールランでの登頂。
そんな無謀な挑戦が来週末6月18日(土)から19日(日)に決まり、誰か一緒にチャレンジする人いないかな?って声かけてみたら即答した二人の男、おなじみコージ、タビ
1016297_557992114335779_5699556215326061405_n.jpg


そしてこの人も仙台から車で霊峰富士までの長旅を経て参戦、ドラゴンジム佐藤会長
12115965_593856354087034_6472980495941512862_n.jpg

そして昨年に続き元ツーリングクラブリーダー長谷川亮総長、いや隊長(笑)
11013021_737617119685311_3903757233730001832_n.jpg

そして、昨年に続きジュニアのお父さん3名、昨年に続き参戦の大宅さん、ゴルフの江場恵一師匠、そして南月の南さんの3名と仙台から参戦の佐藤会長は通常の富士登山5合目から参戦。
ちなみに今回はほぼトレールランで3776mを目指しますのでジュニア戦士たちの参戦はありません。
昨年の登山靴ではとてもじゃないけどトレールは無理なので昨日トレールランシューズを購入。
IMG_1373.jpg

親戚の家の50m向こうにある‟浅間宮”の表参道。
僕が生まればかりの頃から遊びに行くと爺ちゃんやばあちゃんたちとよく散歩ところ。
そこにある小山が富士塚と呼ばれるもの。
46年間、‟浅間宮”、‟富士塚”と言う名前すら知らなかった。
そんな事に今気づかされたことも何かの運命。
死んだ爺ちゃんばあちゃん、そして親父の魂を背負い田子の浦港の海水を僕の足で天へ還してやりたい。
楽しみです。

浅間宮と富士塚の紹介です。
ここが正真正銘の富士登山のスタート
神が宿る霊峰富士





2016/06/08(Wed)
GETOVER情報| | コメント(0)

カレンダー

05 | 2016/06 | 07

-

-

-

1

2

3

4

5

6

7

8

9

10

11

12

13

14

15

16

17

18

19

20

21

22

23

24

25

26

27

28

29

30

-

-

月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

QR