2018年05月19日

名古屋のキックボクシングジム[GET OVER]代表、中島稔倫のブログです。2018年05月19日

中島稔倫の波乱万丈日記 » 2018年05月19日

左を制する者は世界を制す

現役時代、オーソドックススタイルの僕はとにかく左のジャブの練習をたくさんやった。
今ではあまり聞かなくなったこの言葉

“左を制する者は世界を制す”

右を当てるにはまず左を当てる事。
蹴りを当てるにはまずは左のパンチでフェイントをかける事。
とにかく、基本はまず左を当てる事。
左が当たらないのにいきなり右を狙うと必ずカウンターの餌食となる。

右の拳を痛めた時、すねを痛めた時など左の練習ばかりやった。
時には腕が上がらなくなるまで左ばかりでひたすらサンドバッグを殴って、左で茶碗を持つのもできなくなった時もあった。
試合で一番大切なのはリズムであり、そのリズムを作り上げていくのは左のジャブです。
相手にリズムを崩されて相手のペースに巻き込まれそうになった時、立て直すときはまず、左を当てていくこと。
相手を倒すのために意識する3つの事
距離
タイミング
角度

この3つを作り上げて行くためにi一番必要な事が左をコツコツ当てていくことなんです。

毎日毎日練習してると時々リズムがおかしくなって、なんか自分の動きがしっくりこなくて迷う時があります。
そんな時、リズムを立て直すのによくやってた事が左だけのマススパーリング。
攻撃と防御の動きのリズムを立て直すのに一番いい練習です。
先日中学生クラスでやらせてみました。
遊び感覚で動体視力を鍛えられ、すごく良い練習です。







2018/05/19(Sat)
GETOVER情報| | コメント(0)

 | HOME | 

カレンダー

04 | 2018/05 | 06

-

-

1

2

3

4

5

6

7

8

9

10

11

12

13

14

15

16

17

18

19

20

21

22

23

24

25

26

27

28

29

30

31

-

-

月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

QR