2018年07月05日

名古屋のキックボクシングジム[GET OVER]代表、中島稔倫のブログです。2018年07月05日

中島稔倫の波乱万丈日記 » 2018年07月05日

“真剣”の本当の意味、ヨガポーズを人生と照らし合わせてみる

昨日のヨガの前の恒例の先生の小話。
“ある試験を受けて残念ながら不合格だったけど、その試験のために自分なりに真剣に取り組みました。
 しかし、あるNHK番組で剣術の道場に道場破りが来るという話をやっていて、道場破りとの試合は“真剣”で行われます。
“真剣”とは真(まこと)の剣。
 真剣での戦いはどちらかが切られて死ぬわけで「真剣にやってました」の真剣とはこの生きるか死ぬかの勝負で使われる“真剣”から来ているわけです。
「真剣にやってました」の意味を本当に考えてみると、“もしできなければ切腹する”ぐらいの気持ちで、生きるか死ぬかの気持ちで取り組まないと本等に「真剣にやってました。」とは言えないなと思いました。
だから、私はその真剣さがまだまだ足らなかったなと。”
ん~素晴らしい話。
“真剣”と言う言葉は本当に軽々しく使えない言葉です。
しかし、日本人らしい魂の言葉。
それぐらいの気持ちを持って自分の夢や目標に向かって“真剣”に取り組みましょう!!

さて、ヨガからポーズを人生に照らし合わせて考えてみました。
IMG_4640.jpg
IMG_4721.jpg
IMG_5508.jpg
こうやって片足でバランスをとるポーズは前と後ろに外へ外へ手足を伸ばして軸を作ります。
外へ外へ力を入れて中心ができて来るわけです。
外だけに意識を取られると中心はできない。
行きっぱなしではバランスは崩れて行くわけです.
こうやって自分で軸を作ってバランスよく立ててこそ、周りのサポートが入ると更に土台が強くなっていきます。
しかし自分一人でも立てないのに周りの支えだけに頼って生きている人は崩れる時は早い。
まずは周りに頼らず自分で一人でバランスよく立てる人間でありたいと思います。

IMG_5512.jpg
IMG_5510.jpg
IMG_5507.jpg

2018/07/05(Thu)
GETOVER情報| | コメント(0)

 | HOME | 

カレンダー

06 | 2018/07 | 08

1

2

3

4

5

6

7

8

9

10

11

12

13

14

15

16

17

18

19

20

21

22

23

24

25

26

27

28

29

30

31

-

-

-

-

月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

QR