2018年09月

名古屋のキックボクシングジム[GET OVER]代表、中島稔倫のブログです。2018年09月

Suk Wanchai MuayThai Super Fight vol.5 いろいろと感想を書いてみました

昨日、白鳥国際会議場イベントホールにて開催されたムエタイイベントSuk Wanchai MuayThai Super Fight vol.5の結果です。
オープニングアマチュアファイト
小林正貴 判定負け
大宅璃玖 判定勝ち
中島大翔 判定負け

本戦第二試合)
作田良典(GET OVER/DBSスーパーフェザー級チャンピオン)VS HIRO YAMATO(MAX MUAY THAIスーパーフェザー級チャンピオン
ドローでした。
内容は互角でしたが、ムエタイの判定の一番根本的な印判定基準として印象が悪い部分がでてました。
バランスを崩して転んだ回数がヒロトより作田の方が圧倒的に多かった事。
首相撲で横になってヘッドロック状態で逃げてた事。
表情が明らかに無表情なヒロトに対して作田の方が完全に苦しそうな顔をしてたことです。
ムエタイで首相撲で横向きのヘッドロック状態になってしまうのはボクシングで言えば自分から抱きついてクリンチに行くのに等しい。
絶対やってはいけない事。
首相撲させず、ムエタイをさせず打撃で勝負したいなら、首を取らせないくらいのパンチ力を身につけるかそれだけの手数を打ち込むことですね。


是非、名古屋で再戦組みたいです。


アマチュアファイトに出場した3名の選手たちは初の地元大会場での試合。
勝利した璃玖は安定した試合運びで危なげなく判定勝利でした。
本人は倒し切れなかった事を悔しがってましたが、1分30秒2Rと言う短い時間の中でどれだけ自分が持っているものを出し切れるかと言うことが重要だと思うので、今回は十分合格点をあげれる内容でした。
小林は完全な練習不足。
最後はスタミナ切れのダラダラな試合となってました。
今回の負けでスイッチが入ったようなので(笑)
今後に期待しましょう(笑)
大翔は最初の先制の綺麗なミドルが当たったんで、1分30秒と言うアマチュアの短い試合ならそのミドルで距離感とペースつかんで危なげなく勝つはずなんですが(笑)
ここ数試合(タイの試合は別として)首相撲を力で倒せば通用する相手ばかりと戦ってきたんで悪い癖がついてしまってました。
この経験を今後に生かしていきたいと思います。
IMG_8026.jpg
IMG_8029.jpg
IMG_8028.jpg
IMG_8041.jpg
IMG_8042.jpg
IMG_8040.jpg

22年前岐阜産業会館と20年前の後楽園ホール、日タイ国際戦で2度拳を交えた元rルンピニースタジアムフライ級1位、アラビアンゲッソリバーと再会。
20年前の後楽園ホール、僕の25戦目、1Rにアラビアンが出したバックスピンエルボーで人生初のダウンを食らいました(笑)
そんな戦友アラビアンと長男大翔とのスリーショット。
なんかめっちゃうれしかったです。
IMG_8044.jpg

そして、26年前全日本キック時代後楽園ホール。
この頃は本当に激戦区でデビューして2敗したら出世コースから外されてなかなか試合を組んでもらえなかった時代。
1年干されるのは当たり前だった。
いつ組まれるかわからない試合を信じて毎日毎日いつでも試合に出れるようにしていた時代。
そんな時に、組まれたこの荻沼和彦さんとの試合。
僕にとって本当に思い出深い試合です。
1試合1試合が人生のすべてを賭けた勝負だったので、試合内容だけでなく、その頃の自分が見えてきますね
IMG_8050.jpg

この日、引退試合を行ったマキピンサヤームが最後にリングから客席に投げたトランクスをゲットした大翔。
サインまで入れてもらって大喜び。
IMG_8043.jpg

そして、何故か後ろの自由席に座っていたこの人(笑)
IMG_8046.jpg
IMG_8048.jpg
IMG_8052.jpg
IMG_8051.jpg

最後は行きつけのたかの家で子供たちにご飯を食べさせ大家族状態(笑)
最高に楽しい1日でした。
IMG_8045.jpg

2018/09/25(Tue)
GETOVER情報| | コメント(0)

ヨガクラス新設のお知らせ

1年半前から週1回ジムの休憩時間に先生に来てもらいパーソナルレッスンを受けていたヨガ。
今年の4月からは武も一緒にヨガを受けています。
民間のスポーツセンターやエアロビクスのスタジオなんかでプームになってるようなレッスンは全く興味なくて、流行りものに飛びついてるとか思われたくないのでヨガには全く興味ありませんでした。
そんな僕があるきっかけでヨガを受ける事になりました。
長年キックボクシングという競技をやってきて、毎日の練習で続けていた事、求めていた事は肉体をいじめていじめて、精神を鍛え上げて行くこと。
苦しい練習を積み重ねて、毎日その苦しみを乗り越えて行く事により自信をつけて行く事。
勝負に勝つ方法は自分を信じる事、自分を信じるには毎日の練習の中で自分に勝ち続けて行くしかないと思ってました。
そんな約30年の道程の先で出会ったヨガ。
“自分の内“に帰るということを学びました。
僕が20代の時にこのヨガと出会っていたら、今自分か感じた事を同じように感じる事ができたかはわからない。
ただ、長年キックボクシングをやってきてこのヨガから感じた事は、激しく苦しい練習を繰り返して行く中で、少しでも今の自分の内に帰る時間があれば、もっと自分のパフォーマンスが上がって行くと思います。
外(身体)と内(心)
例えば凧揚げで言えば上へ上へ飛ばしていくには引きながら風を受けて上へ上げていきます。
バランスポーズを取るにも上へ上へ手を伸ばしも、下半身は下へ引かないとポーズは取れません。
そんな感じです(笑)
なんかまだ上手く伝える事が出来ませんが、流行りものを取り入れるのではなく、長年キックボクシングをやって来て僕自身がやってみて感じて伝えていけるものを新たに取り入れて行きたいと思います。
ヨガ新設に関してのお知らせはまた後日詳しくお知らせします。
ヨガ新設予定時期はGET OVERWOMEN'S 3周年に合わせてその辺りの時期を予定しています。
お楽しみに!!









身体のバランス、精神と肉体のバランス、内(精神)と外(身体)のバランス。

IMG_7639.jpg
IMG_7638.jpg
IMG_7641.jpg
IMG_7642.jpg
IMG_7644.jpg
IMG_7647.jpg

2018/09/22(Sat)
GETOVER情報| | コメント(0)

本日発売の週刊ポストにBRIDGEラウンドガール美音が紹介されてます!!

本日発売の全国誌、週間ポストのラウンドガール特集で、有名な大型打撃格闘技団体のラウンドガールと並んでBRIDGEラウンドガール美音が紹介されてます。
IMG_8006.jpg
IMG_8005.jpg
IMG_8003.jpg
IMG_8004.jpg
BRIDGEはアマチュアキックボクシング大会ですが、地上波でもやってる有名なビッグイベントと並んでるのが素晴らしい。
まあ、BRIDGEは歴史で言えば今年で16年なんで、シュートボクシング、パンクラスの次に古い大会です。
今後BRIDGEは今年6月3日の大会からスタートしたWBCムエタイルールのプロワンマッチも続けて行って、来年、再来年くらいにはWBCムエタイ日本タイトルマッチを名古屋で行う予定です。
まずは、10月7日(日)名古屋港ポートハウスにて開催の毎年l恒例の東日本大震災復興支援チャリティーイベント、BRIDGE road to SENDAI2018に美音が登場しますので是非見に来てください!!

2018/09/21(Fri)
GETOVER情報| | コメント(0)

9月24日(月・祝)Suk Wanchai muay Thai Super Fight Vol.5アマチュアオープニングファイト対戦カード発表!!

さて!!いよいよ後5日と迫ってきました地元熱田区日比野、白鳥国際会議場イベントホールにて開催される本場ムエタイビッグイベントSuk Wanchai muay Thai Super Fight Vol.5。

本戦全カードはこちら">本戦全カードはこちら

作田は第二試合に登場します。
現在最終調整中。
体も気持ちも最高の状態に仕上げて1年と1月ぶりの復帰戦を地元も地元、名古屋市熱田区日比野で最高の勝利で飾りたいと思います。
皆さん、御期待下さい!!

そして、15時半本戦開始前の13時から行われるアマチュアオープニングファイトにGET OVERより3名のアマチュア選手が出場します。
昨日全カード、試合順が発表されました。
42044957_659339744465727_2835688445639131136_n.jpg
第2試合に小林正貴、第4試合に大宅璃玖、第8試合に中島大翔が出場となります。
当日は12時一般入場開始、13時よりオープニングファイト開始となります。
今回は指定席がほぼ売り切れ状態からの作田の試合の正式発表、そしてアマチュア選手3名の出場が決まりました。
しかし、今大会が地元熱田区日比野白鳥国際会議場にて開催のムエタイ興行。
しかも、タイ料理やタイマッサージなども出店される本場タイ国をそのまま日比野に持ってきたようなビッグイベントと言う事で、GET OVER、GET OVERWOMEN'Sから現在40名以上の応援団が観戦に来てくれる事になりました。
本場ムエタイ現役選手なども出場する日本のムエタイビッグイベントSuk Wanchai muay Thai Super Fight 。
まだ自由席、階段席のみ購入可能です。
欲しい方はジムにて注文受け付けておりますのでみなさん9月24日(月・祝)は白鳥国際会議場イベントホールへ!!

大会名 Suk Wanchai MuayThai Super Fight vol.5
日時 2018年9月24日(月/祝)13:00オープニングファイト開始(アマ10試合、プロ2試合) 15:30本戦開始(予定) 20:30全試合終了(予定)
会場 名古屋国際会議場イベントホール
チケット料金 VIP席 30,000円(完売)、SRS席 15,000円(完売)、RS席 6,000円(完売)、アリーナ席 5,500円(完売)、階段席 5,500円、自由席 3,000円(階段席後方、出場各ジムで販売) ※当日券は1,000円アップ

2018/09/20(Thu)
GETOVER情報| | コメント(0)

僕を27年前にタイムスリップさせてくれたゴルフことティーヤイセンモラコット、本日タイへ帰国

2018年6月3日(日)日本ガイシプラザ第三競技場。
BRIDGE立ち上げから16年の時を経て初のプロワンマッチを行いました。
しかも、WBCムエタイ認定試合として2試合行い、その初のBRIDGE WBCムエタイルールプロワンマッチにムエタイ戦士が参戦と言う華を添えてくれました。
そのムエタイ戦士がティーヤイセンモラコット(ニックネーム ゴルフ)でした。
IMG_4814.jpg
RKAスーパーバンタム級チャンピオン ダイナマイト柿崎(DRAGON GYM秋田)と戦い得意に肘打ちで右目じりをカットし2RTKO勝利。
名古屋のキックファン達にムエタイの強さを見せつけた試合でした。
IMG_4829.jpg
IMG_4810.jpg
IMG_4130.jpg
ゴルフと初めて会ったのは昨年の7月。
8武と大翔のタイ遠征を控え、僕は14年前の現役最後のルンピニーでの試合以来の渡タイ。
武と大翔に加え、DRAGON GYMから選手2名も一緒に連れて僕が一人で引率していかなければいけないと言う状態でした。
そんな時に、武と大翔にタイオイルを体験させるのと、タイ遠征前にタイ人コーチに指導してもらう事。
そして27年前、僕がバンコクムのジムに3ヶ月住み込みで修行してた頃、昔覚えたタイ語をもう1度思い出すという目的で、センモラコットムエタイジムへ出稽古に行かせてもらいました。
IMG_8771.jpg
初めて会ったセンモラコットムエタイジムのタイ人コーチゴルフは人懐っこい笑顔で僕のへたくそなタイ語も必死に理解しようとしてくれたり(笑)
武と大翔に試合前の感じでタイオイルマッサージをやってくれました。
そして何故か僕も14年前の試合以来、久々にタイオイルを塗る事に(笑)
IMG_8811.jpg
IMG_8810.jpg
IMG_8778.jpg
IMG_8768.jpg
選手たちの全員のミットが終わってから親切に???僕のミットまで持ってくれました(笑)
タイ人コーチにミットを持ってもらったのは27年前のバンコクのジムに住み込みで練習してた時以来。
21歳の頃、3年務めた会社を辞めて全財産持ってタイに渡ったあの頃の気持ちを思い出ださせてくれました。
2Rですがめちゃくちゃしんどかったです。
IMG_8809.jpg
あの頃の熱い気持ちを思い出させてくれたゴルフのミットは本当にしんどかったけど気持ちよくて、この時BRIDGEでプロ興行をやるときはゴルフに出てもらおうと決めて約束しました。
そして今年の6月3日(日)、ゴルフとの約束を果たすことができました。
タイから親戚やお母さんまで見に来ると言う、まさかの凄い内容になりましたが、ムエタイの醍醐味ともいえる肘打ちでゴルフが柿崎をカットし2RTKO勝利となりました。
みんな大喜びでした。
IMG_7967.jpg
先週の木曜日にゴルフと成瀬会長、成瀬会長の奥さんのみゆきさんが帰国の挨拶に来てくれました。
子供が生まれたとの事でこれからタイに帰って奥さんのサポートです(笑)
子育ては世界共通ですからね(笑)
また、ゴルフに会いたいですね。
来年になるか再来年になるかわからないけど、武がルンピニーのリングに上がるときはゴルフにセコンドに来てもらおう!!
golf มาเจอกันอีกครั้ง!

僕のミット打ちの映像です




2018/09/19(Wed)
GETOVER情報| | コメント(0)

カレンダー

08 | 2018/09 | 10

-

-

-

-

-

-

1

2

3

4

5

6

7

8

9

10

11

12

13

14

15

16

17

18

19

20

21

22

23

24

25

26

27

28

29

30

-

-

-

-

-

-

月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

QR