2018年10月10日

名古屋のキックボクシングジム[GET OVER]代表、中島稔倫のブログです。2018年10月10日

中島稔倫の波乱万丈日記 » 2018年10月10日

BRIDGE road to SENDAI2018結果と感想

先週日曜日、名古屋港ポートハウスにて開催されたBRIDGE road to SENDAI2018、GET OVERから出場した選手たちの結果です。
まずは、ジュニア、アマチュア選手の結果です。

中島 大河 判定勝ち ジュニアクラスMVP
寄川 毅心 判定負け
加藤 一虎 判定勝ち
松本 和之 1RKO負け
澤田 慎吾 2RKO負け
長谷川 貴信 1RKO負け
岡田 宏治 判定勝ち マスターズクラスMVP


アマチュアは以上の結果でした。

そして
31st. 名古屋 VS 仙台 セミプロルール 50kg契約
△西中 樹 16歳 GET OVER ドロー 阿部 温羽 0歳 DRAGON GYM△

BRIDGE WBCムエタイルールプロワンマッチ
セミファイナル WBCムエタイルール 58kg契約
◎大宅 璃玖 17歳 GET OVER 3RTKO 紺野 大 28歳 DRAGON GYM×

デビュー戦 デビュー戦
身長:174cm オーソドックス
愛知県名古屋市出身
2001年7月7日生

メインイベント DBSフェザー&RKAフェザー級ダブルタイトルマッチ
〇大脇 武 19歳 GET OVER 判定 稲津 航大 24歳 RIOTジム×
DBSフェザー級チャンピオン RKAフェザー級チャンピオン
WBCムエタイ日本フェザー級5位         戦績:15戦9勝4敗2分(3KO)
戦績:9戦7勝2敗(5KO)             身長:170cm サウスポー
身長:169cm サウスポー             沖縄県南城市出身
愛知県名古屋市出身               1994年10月5日生
1999年4月20日生

アマチュアでは今回はジュニアの大河、マスターズの宏治が良かったです。
大河はふてぶてしい落ち着いた試合運びで、自分の距離がわかっているので相手の攻撃を当てさせませんでした。
宏治は初出場ながら1Rから倒しに行く姿は若い選手に見習ってほしい(笑)
2R目は完全にお互いガス欠状態でしたが(笑)同じ年代のおじさん達にはやる気と勇気を与える試合内容だったと思います。
樹の試合は2分2Rでは短かったですね。
2分3Rにするべきでした。
再戦を必ず組みます。
璃玖はなんとなく瞬太に似てきましたね(笑)
1Rから左ミドルを当てて行って自分の距離を作っていったことが3Rの肘打ちにつながって行ったんだと思います。
武は1Rの立ちあがりはヒヤヒヤしましたね。
「負けるかと思った」と言う声も聞きました(笑)
ただ、ローキックは予定通りだったんで、コツコツ当ているローが必ず後半きいてくるだろうと思ってました。
もう少し、ローキックの蹴り方を改良して、次戦に備えようと思ってます。

IMG_8198.jpg
IMG_8195.jpg
IMG_8192 (1)

IMG_8236 (1)

IMG_8292.jpg
IMG_8240.jpg

2018/10/10(Wed)
GETOVER情報| | コメント(0)

 | HOME | 

カレンダー

09 | 2018/10 | 11

-

1

2

3

4

5

6

7

8

9

10

11

12

13

14

15

16

17

18

19

20

21

22

23

24

25

26

27

28

29

30

31

-

-

-

月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

QR