2019年06月17日

名古屋のキックボクシングジム[GET OVER]代表、中島稔倫のブログです。2019年06月17日

中島稔倫の波乱万丈日記 » 2019年06月17日

今回のOYAZI KICK(オヤジキック)名古屋 VS 大阪対抗戦 最初に口火を切ったコージオカダのマ試合後のマイクパフォーマンス

いよいよ今週日曜日となりました大阪世界館にて開催のOYAZI KICK(オヤジキック)。

結婚もして会社でも役職について、ある程度生活も安定し毎日仕事が終わって飲みに行く事だけが楽しみな生活。
そんな生活が嫌になり、そんな自分も嫌になり、20年前無理やり押さえつけていた野心がもう一度あふれ出してくる。
昔、ボクシングやキックボクシングのジムに入門したかったけど敷居が高すぎてやれなかった。
プロを目指す人しか相手にしてもらえないと思って一歩踏み出すことが出来なかった。
そんな時代を経て、ここ20年くらいで格闘技のジムが増え、子供から大人まで幅広くスポーツジム間隔で格闘技を楽しめるようになってきた。
最近、健康維持が目的でキックボクシングジムに入門したけど、サンドバッグを打てば打つほど湧き上がってくる無謀なまでの野心。
「やっぱり俺はリングの上でスポットを浴びたかった!!」
長年心の奥に引っかかっていた後悔を解き放ってくれるかのように届いたOYAZI KOCK(オヤジキック)出場申し込み書。
青春はある一定の時期を言うのではなく、心の持ち方ひとつで青春は何歳になっても訪れる。
そんな青春真っただ中の9名のオヤジたちが今週日曜日、大阪世界館、夢のリングに立ちます。
そんな9名が出場するきっかけとなった前回3月10日OYAZI KICKでのコージオカダの試合後で名古屋 VS 大阪対抗戦をアピールしたマイクパフl-マンスを見てください。



2019/06/17(Mon)
GETOVER情報| | コメント(0)

 | HOME | 

カレンダー

05 | 2019/06 | 07

-

-

-

-

-

-

1

2

3

4

5

6

7

8

9

10

11

12

13

14

15

16

17

18

19

20

21

22

23

24

25

26

27

28

29

30

-

-

-

-

-

-

月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

QR