2019年07月08日

名古屋のキックボクシングジム[GET OVER]代表、中島稔倫のブログです。2019年07月08日

中島稔倫の波乱万丈日記 » 2019年07月08日

南アルプス最高峰、日本第二位 北岳チャレンジ!!

今年のドラゴン佐藤会長とのチャレンジシリーズ!!
今年はDBSスーパーフェザー級チャンピオン作田良典も参加。
5日(金)車で山梨県へ向かい甲府駅へ佐藤会長を迎えに行き芦安駐車場へ。
少し仮眠し5時15分発のバスでスタート地点である広河原へ。
IMG_5420.jpg

北アルプスの玄関である上高地と同じく広河原はまさしく南アルプスの玄関。
約1時間のバスの移動も南アルプスの山々が見渡せて本当に気持ちがいい。
そして6時半スタート。
IMG_5421.jpg

予定では
1日目   広河原→大樺沢コース→八本歯のコル→トラバースして北岳山荘→間ノ岳→北岳山荘
2日目   北岳山荘→北岳→北岳肩の小屋→草すべりコース→広河原   

と言う予定でした。
IMG_11555413.jpg


昨年チャレンジした同じ北アルプスの甲斐駒ヶ岳黒戸尾根よりハードなのか?
槍ヶ岳より険しくて危険なのか?とか。
いろいろ考えながらスタートしたけど、裾野の広い甲斐駒ヶ岳や槍ヶ岳に比べて最初から急な登りが続いて一気2000mを越えて約3時間。
ついに出てきた雪渓ポイント。
アイゼンをつけていざ雪渓チャレンジ
IMG_5434.jpg

霧で前が全く見えないひたすら続く上り坂。
しかもほぼ直角に近い、スキー場で言えば上級者コースに近い上り坂。
軽アイゼン6本爪で初アイゼンの僕にはあまりにも過酷すぎた。
つま先に力が入りすぎて滑り転倒の連続。
しかも、コース間違えで少し雪道を下山すると言うハプニングもあり(笑)
そんなコース間違えも含め、ひたすら雪道を登ること約3時間。
この雪渓でかなりの体力を奪われました。

IMG_5445.jpg

この雪渓さえ越えれば後は余裕綽綽釈由美子だと思ってけど甘かった。
それがまた甘かった。
IMG_5449.jpg

雪渓で体力を使い果たし更にまだまだ続く登りのはしごと崖。
はしごの横に見える断崖絶壁。
気を抜けば急降下。
やっとの思いで八本歯のコル、分岐点。
IMG_5450.jpg

北岳山頂を見ながら北岳山荘へトラバースする分岐点を目指し岩の上を渡りながらひたすら歩く。
地図では1cmもないくらい(笑)
実際は岩の登りが約1時間半。
分岐点到着が14時半で予定より約2時間遅れ。
標高3,000m。
ここからのトラバースで北岳山荘までの予定タイムが50分になってるけど、ここまでかかった時間と照らし合わせて予定タイムが全くあてにならないことがわかっている(笑)
北岳山荘から間ノ岳までの往復が3時間になってるけどプラス1時間は見た方がいい。
こっから北岳山荘までも1時間半はかかるだろうからこの日のうちに間ノ岳まで行くのは時間的にも体力的にも無理と判断。
明日の朝、2時出発で間ノ岳へ行くことに予定変更。
IMG_5454.jpg
IMG_5461.jpg

翌朝2時起床、外を見たら大雨、爆風、霧。
全く前が見えない。
出発時間を4時に変更したけど全く天気が変わらず。
朝食を取り外を見ながら緊急ミーティング。
そして出した決断が間ノ岳は中止。
メインの日本第二位、南アルプス最高峰北岳だけ行こう・・・・・って言うか、どっちにしろ稜線歩いて北岳登らないと帰れないんです(笑)
6時半、腹をくくって北岳山荘を出発。
雨と霧と爆風。
こんな災厄のコンディションであの南アルプスの山々を見渡せる“天空の縦走路”をひたすら歩きました。(笑)
IMG_5472.jpg

そして、予定時間では北岳まで1時間20分。
かかった時間は2時間半。
悪天候、体力の限界、そんな中で登頂できた喜び。
感動は大きかった。
IMG_5476.jpg
北岳山荘から出発するとき、見送ってくれた店主らしき人に
「今日は山頂で富士山は見えないですよね」
って聞いてみたら
「富士山はあなたの心の中にあります」
と僕の胸を指さして言った。
なんかその言葉に感動してすべてが吹っ切れた。

草すべりコース下山中に見えた昨日歩いた大樺沢コースの雪渓ポイント。
北岳までの最短コースと言われている大樺沢コースと下山で歩いた草すべりコース。
登山も人生も同じ。
楽して近道はない。
IMG_5500.jpg

今回のドラゴン佐藤会長とのチャレンジツアー。
予想外の事の連続、ハプニング、勇気ある決断と予定変更、いろいろな事があったけど結果最高に楽しく最高に心に残るチャレンジとなりました。

下山して広河原から芦安駐車場へ帰るジャンボタクシーの車の中で佐藤会長とビールで乾杯。
作田の運転で佐藤会長を甲府駅まで送り予定より大幅遅れで金山サイプレスガーデンホテルへ。
もう間に合わないかと思っていたけど作田の運転で終了時間20時半ギリギリセーフ。
森ともおさんパーティーに間に合いました。
武と大翔に先に行ってもらってて、僕は登山スタイルのまま会場入り。
しっかり森さんに紹介してもらいビールもしっかり頂きました(笑)

帰りは初の武の車で自宅まで送ってもらいました。
南アルプスから無事に帰って来たのに下山してから事故?(笑)
そんな最後に大爆笑されそうな結末にならないように安全運転で武に自宅まで送ってもらいました(笑)
IMG_5508.jpg


2019/07/08(Mon)
GETOVER情報| | コメント(0)

 | HOME | 

カレンダー

06 | 2019/07 | 08

-

1

2

3

4

5

6

7

8

9

10

11

12

13

14

15

16

17

18

19

20

21

22

23

24

25

26

27

28

29

30

31

-

-

-

月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

QR