2019年10月

名古屋のキックボクシングジム[GET OVER]代表、中島稔倫のブログです。2019年10月

ラグビーワールドカップ 日本 VS 南アフリカ戦をムエタイ一流選手VS外国人選手との試合に例えてみました

皆さんもうすでにご存知の通り、ラグビーワールドカップ準々決勝、日本 VS 南アフリカ戦3-26でベスト4入りならずでした。
僕の感想としては、アイルランド戦、スコットランド戦と世界の強豪チームとの連戦で主力選手たちがかなりボロボロになっていたと思います。
南アフリカ戦では司令塔である田村も交代となり、日本代表チームのダメージの大きさがわかりました。
4年後のワールドカップではそんな日本代表チームのメンバーの層を厚くして、1試合ごとに各ポジションのメンバーを入れ替えれるくらいの層の厚い日本代表チームを作ればベスト4入りも夢じゃないと思います。
さて!!
ここからです!!
IMG_8194.jpg
IMG_8192.jpg
そんな南アフリカ戦。
高校時代花園を目指しラグビー部で楕円形のボールを追いかけた3年間を過ごした僕が、今回の南アフリカ戦を一流ムエタイ選手との試合に例えてみました。
まずはこの試合、一番面白いのがボールの支配率。
この試合でボールを持っていた時間と言うのは80パーセント以上日本のボールだったんです。
じゃあなぜ日本は負けたのか?
ポイントはモール、ラックなんです。
日本がボールを持っていても南アフリカはモールとラックうまく試合を作って日本にダメージを与えて来たんです。
モールやラックはキックで言うボディブローでコツコツダメージを与えて行くんです。
ちなみにモール、ラックとはスクラムからボールが出てバックスにボールが回って、ボールを持った選手がタックルされたり捕まえられたりしてからできるいわゆる人のかたまりです。
誰かがボールを持って奪い合うのがモールでタックルされてボールが下に落ちているときはラックと言います。

南アフリカは日本がボールを支配しているときも確実なディフェンスとモールやラックで日本を圧倒し押し返していました。
日本ボールで優勢に見えてもモールやラックで押し返し、日本を圧倒し確実にダメージとスタミナを奪い、後半は10mぐらいモールで押され回されて(ドライビングモールと言います)この試合のトドメとも言えるトライを奪われました。
この試合をムエタイ一流選手VS外国人選手に例えると、1Rからパンチとローで圧倒的手数で前に出ても、下がりながらミドルキックを合わされて組み膝で確実にダメージとスタミナを奪われ、後半4Rあたりで膝蹴りで倒されるパターンと同じですね。
攻められているようで実は見えないところでコツコツダメージを与えている。
ボールを支配させてるけど、確実なディフェンステクニックでトライは許さず、スタミナと精神的ダメージまで与えて行く。
まさしく超一流のテクニック。
日本VS南アフリカ戦を見ていて、そんな超一流ムエタイ選手の試合とかぶせて見てました(笑)


2019/10/23(Wed)
GETOVER情報| | コメント(0)

BRIDGE road to SENDAI2019 主催者として・・・・そしてGET OVER会長としての感想です 

まずは主催者として。
今回のメインイベント、WBCムエタイルールプロワンマッチ。
KAREN(DRAGON GYM) VS ほのか(KANALOA GYM)の女性プロファイター対決。
今までのroad to SENDAIの空気とは全く違った緊張感に包まれ、試合前のワイクルー(ムエタイの試合前に踊る闘いの舞)から会場内のお客さんはリング上を見入ってました。

当日10時から生涯スポーツセンター2階での計量。
WBCムエタイ中日本審判部長水谷レフリー立会いの下に行われました。
IMG_8136.jpg
IMG_8131.jpg
IMG_8133.jpg
IMG_8134.jpg

二人がリングに上がりワイクルーが始まった瞬間、会場の空気が変わった。
KARENのワイクルーはタイ国パトンスタジアムで披露したパリンヤーのワイクルー。
ほのかは覚えたてのワイクルーだけど、KARENもほのかも根本的に女性は股関節や体が柔らかくてしなやかなので、女性ファイターのワイクルーは凄く美しいんです。
普通なら日本人のワイクルーの時はお客さんはしゃべってるのに、この時はみんながリング上を見入ってました。
IMG_8165.png
IMG_8171.png
IMG_8169.png

そして試合はお互い意地とプライドを賭けた大接戦となりました。
物凄い気迫を前面に押し出しガンガン前に出て攻撃を繋いでいく暴走女子大生ほのか。
ほのかの攻撃にサウスポーからの左ミドルを合わせてパンチに繋いでいく仙台のムエタイキラーKAREN。
IMG_8174.png
IMG_8175.png
IMG_8173.png
IMG_8173 (1)
結果は1-0ドロー。
ジャッジ1名はほのかを付けてました。
この二人の再戦をまた名古屋でやりたいです・・・できれば大きな会場で。


IMG_8208.jpg
さて、ここからはGET OVER会長として。
今回出場したGET OVERの選手たちの結果です。

小島 禅矢  判定負け
中島 大河  ドロー
加藤 一虎  1RKO勝ち BRIDGE-40kg級新チャンピオン
中島 隆徳  判定勝ち  BRIDGE-45kg級新チャンピオン
岡田 宏治  判定勝ち
IMG_8207 (1)
一虎は念願のBRIDGEチャンピオンベルト獲得
隆徳は-30kg、-40kg、そして-45kgのタイトル獲得で三階級制覇です。
オヤジキック提供試合に参戦した宏治の写真がありませんが、今回も会場を盛り上げてくれました。

IMG_8206 (1)

閉会セレモニーでk-styleの子供たちが集めた募金を一虎が代理で佐藤会長に贈呈。
IMG_8210.jpg
IMG_8211.jpg

そして、大会終了後打ち上げは佐藤会長からのリクエストでやまとやへ。
佐藤会長はじめDRAGON GYM勢初やまとや。
IMG_8156.jpg
IMG_8159.jpg
打ち上げは夜中の2時頃まで続き、佐藤会長はそれから帰って仮眠し翌朝伊吹山登山に行きました(笑)
さすが、スーパー53歳(笑)

2019/10/21(Mon)
GETOVER情報| | コメント(0)

明日はBRIDGE road to SENDAI2019開催の為、ジムは休館となります。立て看板が新しくなりました!!看板娘久美ちゃん登場!!

明日はBRIDGE road to SENDAI2019開催の為、ジムは休館となります。
IMG_7307.png
今年で6回目の開催となる東日本大震災チャリティーイベント、BRIDGE road to SENDAI..
今年のメインイベントは初の名古屋VS仙台、女性プロファイター同士の対決。
“強さの中に美しさあり”と言う言葉がそのまま当てはまる、美人ファイター同士の対決。
しかし・・・・・“綺麗な花にはとげがある”とも言います。
そんな危険な2人。
名古屋港ポートハウスにて17時半ゴング(予定)
入場料無料!!
ビール、から揚げなど飲食ブースも出店
明日は名古屋港ポートハウスへお越しください!!


そして、GET OVERWOMEN'SがメインのGET OVER立て看板が新しくなりました!!
IMG_8114.jpg

看板娘久美ちゃん登場!!
IMG_8115.jpg

うちの看板娘に会いたい人は生涯スポーツセンタービル7階へダッシュ!!


2019/10/18(Fri)
GETOVER情報| | コメント(0)

試合まであと2日、タイ遠征の成果を見せる一虎、隆徳、大河

昨日のジュニアクラス、試合を控えたタイ遠征メンバーの一虎、隆徳、大河。
昨日は一虎は休みでしたが隆徳と大河が元気にお笑いマススパーをやってました。
限りなくムエタイチック?なマススパー。
本当は一虎が一番得意なんですが昨日はいなかったので隆徳と大河のムエタイチックなマススパーです(笑)





2019/10/17(Thu)
GETOVER情報| | コメント(0)

BRIDGE road to SENDAI2019今年のカードのみどころ

いよいよ今週土曜日、名古屋港ポートハウスにて東日本大震災復興支援チャリティーイベントBRDGE road to SENDAI2019開催です。
今年もお酒、から揚げ等の食べ物など飲食ブースも出店し、売上金の必要経費を差し引いた金額をを被災地の方へ義援金として寄付させていただきます。
17時開場18時試合開始(予定)としてありますが、リング設置、会場設営が終わり次第第一試合を開始致します。
昨年も会場設営が早く終わったので18時開始予定でしたが17時半に開始しました。
そして毎回の事ですがリング設置、会場設営、撤収作業のお手伝いをしていただける方を募集します。
15時半ぐらいに会場来ていただければオッケーです。
ポートハウス17時までは無料休憩所となっていますので、会場の雰囲気やお客さん声をかけながら設営を進めて行こうと思います。
お手伝い頂ける方、よろしくお願い致します!!



さて、今年のBRIDGE road to SENDAI2019カードの見所です。
今年はタイトルマッチ含むジュニア20試合、レディースクラス2試合、オヤジキック提供試合含むマスターズ6試合、Bクラス8試合、Aクラス2試合、メインプロ1試合で全39試合となっております。
ジュニアクラスは今回初参戦のジムもいくつかあり、初めて見る選手も何人かいるので楽しみです。
そしてBRIDGEジュニア4階級の王座決定戦、-50kg級のタイトルマッチ。
王座決定戦はすべて名古屋VS仙台となってます。
-50kg王者吉村匡矢VS長谷川煌はライバル対決。
煌が返上したベルトを匡矢が王座決定戦で獲得し、今回煌が挑戦する立場となりました。
この二人の対決は楽しみです。
そして、今回はマスターズ6試合の中にオヤジキック提供試合が3試合あります。
今回、オヤジキック本場関西から3人のオヤジファイターがBRIDGEに参戦となりました。
こちらもお楽しみ。
そしてメインのKAREN VS ほのか。
今回WBCムエタイルールでの試合となります。
試合前に二人のワイクルーもやります。
KARENがタイ国パトンスタジアムで披露したパリンヤーのお化粧のワイクルーが、僕は会場で見ていて本当に素晴らしかったので、今回通常のWBCルール通りに日本人同士の対戦ですがワイクルーを両選手にやってもらう事にしました。
ほのかは初のワイクルー。
この前の出稽古の時に少し動きを見ましたが、なかなか動きがしなやかで男の選手より上手です。
二人の試合はもちろんですが、ワイクルーにも注目ください!!

2019/10/16(Wed)
GETOVER情報| | コメント(0)

カレンダー

09 | 2019/10 | 11

-

-

1

2

3

4

5

6

7

8

9

10

11

12

13

14

15

16

17

18

19

20

21

22

23

24

25

26

27

28

29

30

31

-

-

月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

QR