2019年10月23日

名古屋のキックボクシングジム[GET OVER]代表、中島稔倫のブログです。2019年10月23日

中島稔倫の波乱万丈日記 » 2019年10月23日

ラグビーワールドカップ 日本 VS 南アフリカ戦をムエタイ一流選手VS外国人選手との試合に例えてみました

皆さんもうすでにご存知の通り、ラグビーワールドカップ準々決勝、日本 VS 南アフリカ戦3-26でベスト4入りならずでした。
僕の感想としては、アイルランド戦、スコットランド戦と世界の強豪チームとの連戦で主力選手たちがかなりボロボロになっていたと思います。
南アフリカ戦では司令塔である田村も交代となり、日本代表チームのダメージの大きさがわかりました。
4年後のワールドカップではそんな日本代表チームのメンバーの層を厚くして、1試合ごとに各ポジションのメンバーを入れ替えれるくらいの層の厚い日本代表チームを作ればベスト4入りも夢じゃないと思います。
さて!!
ここからです!!
IMG_8194.jpg
IMG_8192.jpg
そんな南アフリカ戦。
高校時代花園を目指しラグビー部で楕円形のボールを追いかけた3年間を過ごした僕が、今回の南アフリカ戦を一流ムエタイ選手との試合に例えてみました。
まずはこの試合、一番面白いのがボールの支配率。
この試合でボールを持っていた時間と言うのは80パーセント以上日本のボールだったんです。
じゃあなぜ日本は負けたのか?
ポイントはモール、ラックなんです。
日本がボールを持っていても南アフリカはモールとラックうまく試合を作って日本にダメージを与えて来たんです。
モールやラックはキックで言うボディブローでコツコツダメージを与えて行くんです。
ちなみにモール、ラックとはスクラムからボールが出てバックスにボールが回って、ボールを持った選手がタックルされたり捕まえられたりしてからできるいわゆる人のかたまりです。
誰かがボールを持って奪い合うのがモールでタックルされてボールが下に落ちているときはラックと言います。

南アフリカは日本がボールを支配しているときも確実なディフェンスとモールやラックで日本を圧倒し押し返していました。
日本ボールで優勢に見えてもモールやラックで押し返し、日本を圧倒し確実にダメージとスタミナを奪い、後半は10mぐらいモールで押され回されて(ドライビングモールと言います)この試合のトドメとも言えるトライを奪われました。
この試合をムエタイ一流選手VS外国人選手に例えると、1Rからパンチとローで圧倒的手数で前に出ても、下がりながらミドルキックを合わされて組み膝で確実にダメージとスタミナを奪われ、後半4Rあたりで膝蹴りで倒されるパターンと同じですね。
攻められているようで実は見えないところでコツコツダメージを与えている。
ボールを支配させてるけど、確実なディフェンステクニックでトライは許さず、スタミナと精神的ダメージまで与えて行く。
まさしく超一流のテクニック。
日本VS南アフリカ戦を見ていて、そんな超一流ムエタイ選手の試合とかぶせて見てました(笑)


2019/10/23(Wed)
GETOVER情報| | コメント(0)

 | HOME | 

カレンダー

09 | 2019/10 | 11

-

-

1

2

3

4

5

6

7

8

9

10

11

12

13

14

15

16

17

18

19

20

21

22

23

24

25

26

27

28

29

30

31

-

-

月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

QR