2021年01月

名古屋のキックボクシングジム[GET OVER]代表、中島稔倫のブログです。2021年01月

BRIDGE one match challenge-EX 1試合対戦カードの変更のお知らせと当日の注意点、連絡事項です 選手、関係者の方、確認をお願いします

いよいよ明後日となりました初のGET OVERにて開催のBRIDGE one match challenge-EX 
まずはカード変更のお知らせ
第32試合に出場予定だった渡邉 紫優 (ZERO ONE GYM)が怪我の為欠場となりました。
代わりに急遽吉川岳杜(GET OVER)が出場します。
契約体重が63.0kgとなります。

32nd. 一般Bクラス ライト級 63.0kg
萩野 湧希翔 20歳 大和キックボクシングジム 2分2R 吉川 岳杜 22歳 GET OVER


尚GET OVER駐車場はすべてスタッフ専用となるため、選手、ジム関係の方は使えません。
(GET OVER選手の皆さんも当日は駐車場は使えません)
なるべく公共の交通機関を使って来てください。
金山総合駅、地下鉄名港線金山駅から1区。
地下鉄日比野駅3番出口から徒歩1分。
アクセスはこちら

日比野駅近隣のタイムズ駐車場の地図はこちら
ビルの裏にタイムズ駐車場があります


今回このような状況の中でも安全に大会ができる方法を考え、昨年から計画を立てて準備を進め開催致します。
会場の問題、蜜にならないことを考え4部(1部10試合)に分けて開催します。
選手、関係者応援に来る方は混雑を避けるためになるべく時間に合わせてご来場ください。
選手の方は会場に到着しましたら7階で受付、計量を行ってください。
7階控室、6階試合会場共に入場の際は必ずスタッフに従い検温、消毒を行なってください。
計量後、水谷審判長より軽いルール説明を行います。
今回、蜜を避け4部に分けて完全入れ替え制で大会を進めて行くため体重オーバーがあると進行の妨げとなります。
今一度明日、選手の方は体重チェックを行ってください。

今回から初の試み!!
大会の模様をGET OVERチャンネルよりライブ配信します!!
ライブ中継担当は株式会社KHデザイン松浦社長です!!



2021/01/29(Fri)
GETOVER情報| | コメント(0)

久しぶりに共感しました。僕の友達がコロナについてアップした記事、是非読んでください!!元気が出ると思います。

【やっぱりコロナより無知が怖い】
わざわざ【世界最多】回数を回し
我が国、日本のPCR検査にて
4〜5個のコロナ菌を保有していただけで
【陽性】にされてしまい
【感染】という言葉の定義が
曖昧な中、風邪でもインフルでも
持病でも老衰でも亡くなれば
【コロナ死】と診断され
【コロナ死と書け】と国から指示されてる
世の中。
国民はメディアから恐怖を煽られ
まともに自分で調べもせずに
やれ【自粛】だと自ら積極的にマスクして
低酸素で雑菌まみれになりながら
免疫のだだ下がりルーチンを習慣化して
毒でしかない【ワクチン】をまるで神様からの贈り物とまで思って待ってるのに対して
それを指示するお偉いさんたちは
深夜の銀座でうまい寿司に酒を飲みながら
国民が政治に関心を持たなくてもよい平和な
我が国を喜べと言い放つ始末。
下記は実際に【コロナ死】されたある
親族の投稿。
[祖母がコロナで死にました ]
何の因果でしょうか。
私の埼玉の祖母がコロナで死にました。
1/9の22時39分、埼玉の病院から電話が来ました。
91歳でした。
もともと祖母は3年前から人工透析を続け、
去年の11月から下血が始まり、
食事も取れないので点滴で栄養補給し、
医師からは
「あと1〜2ヶ月持つかどうか...年越しは出来ないと思っておいて」
と告げられていました。
そして、病院内で新型コロナ陽性者が出て、
私の祖母も12/30にPCR検査で陽性と出たが、無症状でした。
ところが1/8の夜に容体が悪化し、1/9の夜に死亡。
咳き込んだり、発熱したりせず、安らかに眠るように死んだそうです。
しかしなぜか、死亡診断書には、"死因はコロナ"と書かれたそうです。
正直、
優しかったばあちゃんが死んだ悲しみと同時に、、、
激しい怒りが湧きました。
もともと祖母は、「年を越せないかも知れない」と言われていたのです。
透析中の91歳、会話不可、食事不可、下血もありもういつ死んでもおかしくない状況。
コロナではなく、ただの風邪でもインフルエンザでも死んでいたでしょう。
水を飲ませて"むせただけ"で死んでもおかしくない状態です。
これを「コロナで死んだ」というのですか?
今巷で報道されている
「無症状だったのに急激に容体が悪化し急死した!!」
ってやつ、これですか。
私は今までに2人、身近な者を自殺で亡くしてます。
2人とも40代以下です。
今回のコロナ禍の影響で自殺した者も多くいると報道されています。
実際に去年の緊急事態宣言以降、自殺者は増えています。
私の祖母のような状態の者を1日でも長く生かすために、
若者が失業したり、
事業者が廃業したり、
皆がステイホームしたり、
甲子園が中止になったり、
子供が修学旅行に行けなくなったり、、、
追い詰められて首を吊るなんておかしい。
若者は精一杯働き、精一杯遊べばいい。
生きる喜びを謳歌すればいいじゃないですか。
高齢者を守ろう??
守るべきは未来ある若者の命だろう。
国を支える働き手の「日々の生活」だろう。
ふざけた綺麗事を抜かすな、と言いたい。
守るモノが違うだろう、と。
風邪で死ぬということは、それはもう寿命です。
「風邪を引いたら死ぬ」くらい弱っている者です。
人間として、生き物として、紛れもなくそれは
「寿命」でしょう。
江戸時代の平均寿命は40歳前後だったそうです。
「長生きするには」ではなく、
「いつ死んでもいいような生き方を日頃からする」にフォーカスすべきだと私は思う。
4680人、コロナで亡くなってます。(2021年1/20時点)
日本のコロナ死者の平均年齢は79歳です。
ほとんどが私の祖母のような、
「次に風邪を引いたら死ぬくらい弱っている人」
ではないでしょうか。
『コロナが恐ろしいウイルス』なのではなく、
『弱っている高齢者にとっては、風邪やインフルエンザは脅威』なのです。もともと。
勘違い甚だしい報道に感化された、
勘違い甚だしい世論が、
経済を、つまり人を殺しています。
日本小児科医会は、
「新型コロナは子供にとっては風邪以下」
と明言しています。
日本では子供は1人もコロナで死んでません。
もう十分データが出ています。
厚労省に、
「なぜ本当の死因がコロナではないのに、PCR陽性者が死んだ場合は"死因はコロナ"と報告しろと自治体に周知したのか?」
と電話で聞いたところ、
『一度、コロナ陽性者の"死亡の全数"を把握し、その後「正確なコロナ死者数」を割り出すために、一旦"厳密な死因は問わず全てコロナ死と報告しなさい"と指示を出した』
とのことでした。
いつになったら、本当のコロナ死者数が発表されるのでしょうか。
この電話を厚労省にしたのは去年です。
「コロナで死んだ」ということになっている4680人のうち、一体何人が本当にコロナ死なのか。
なぜ未だ"本当の死者数"を発表しないのか。
したくないのか。
もしくは出来ないのか。
癌で死んでも、脳梗塞で死んでも、PCR陽性なら
「コロナで死んだ」
ことにしているそうです。
そんなカウントの仕方でも、未だコロナ死者は5000人以下なのです。
インフルエンザでは毎年1万人前後亡くなります。
肺炎球菌ウイルスでも3万人前後亡くなります。
新コロ程度の死者数で、国民に自粛しろと?
それによって働き手世代を何人殺すんだ?
何をやってるんだ一体。
休業補償や時短協力金だって、今後税金として国民が負担していくのです。
自分の子供達の代まで背負わせるのです。
何十兆円も。
去年も書きましたが、もう一度改めて書きます。
今回、より多くの人間を殺すのは、
ウイルスではなく世論です。
病院、厚労省、看病をした叔母、全て確認が取れたのでここに記録します。
2021.1.21
※何を根拠に死亡診断書にコロナ死と書いたのかについては追及しませんでした。だいたい理由は分かるし、祖母が世話になった病院を責める気持ちはなかったので。
[ 追記 ]1/27--------------------
私の文章力不足により、一部の方に投稿の真意とは違う受け取り方をさせてしまっているようです。
コメント欄に書いても埋もれてしまうのでこちらにも書きます↓
皆様、温かい追悼のコメントありがとうございます。
ちょっと私の書き方が悪かったかも知れませんが、正直なところ、私は祖母の死を特段悲しんでいる訳ではありません。
なぜなら、もう数年前から "いつ死んでもおかしくない状況" だったからです。
むしろ、エクモだなんだと無理な延命を避けられて良かった、とすら思ってます。
担当の医師、婦長さん、病院の対応にはとても感謝しています。
病院だって商売(経営)です。コロナ患者を受け入れた病院は、消毒や設備投資などあまりの対応の多さ故、軒並み赤字だと聞いています。
ですから、死亡診断書の件に腹を立てている訳ではありません。
本文にも書きましたが、「コロナの症状は全くなかった」「眠るように穏やかな最期だった」と説明を受けましたが、それ以上は突っ込んでは聞いていません。
追求する気持ちもありません。
ここに関しては私の表現力不足で誤解を招いてしまいました。
私の主張したい論点は、
「祖母のような状況の者を1日でも延命する為に、なぜ働き手世代が首を吊ってるんですか?」
ということです。
そして、
「あらゆる"日々の日常"を破壊してまで恐れるべき程のウイルスですか?」
と。
この程度の致死率のウイルスでこんな騒ぎになるのであれば、次回もし万が一、エボラやMARSレベル、或いは強烈な新型インフルエンザが出回った時どうするのか?
国民全員に防毒マスクを配り、収束や弱毒化するまでの数年間は社会も学校も止めるのか?
高齢者は火星にでも隔離するのか?
と、問題提起しているつもりです。
何者でもない私の投稿に共感、いいねやシェアなどして下さった皆様、本当にありがとうございましたm(__)m

2021/01/28(Thu)
GETOVER情報| | コメント(0)

BRIDGE one match challenge-EX 名古屋の審判団若手育成の為に今回のBRIDGE審判団に2名の元プロシュートボクサーが加わります

いよいよ今週日曜日開催、初のGET OVER開催となるBRIDGE one match challenge-EX。
今後月イチでの開催を目標とするため、今大会から審判団若手育成の為に2名の元プロシュートボクサーが加わります・・・・・・あまり若くはないですが(笑)
脇田誠
IMG_9427.jpg


野畑圭介
IMG_9430.png


2人はジュニアグローブマッチのレフリー、ジャッジの経験もあるので、今回BRIDGEジャッジから経験してもらい今後大会の開催の回数も増やして行くにあたりレフリーの勉強もしてもらって公式レフリーとして入ってもらう予定です。
ちなみに脇田は昨年11月に初のハーフマラソン完走、野畑は初のフルマラソン完走しました(笑)



2021/01/27(Wed)
GETOVER情報| | コメント(0)

尾張の若獅子 大脇武 日本のキック界の最高峰 KNOCK OUTに参戦!!

一昨日日曜日、発表ありました。
尾張の若獅子 大脇武 日本のキック界の最高峰 KNOCK OUTに参戦します!!
この大会より長年続いたREBELSとKNOCK OUTが一緒になり、新生KNOCK OUTとして新たなスタートを切る記念すべき大会。
KNOCK OUT~The REBORN~
IMG_9385.jpg
相手は現在6戦6勝6KOと言うパーフェクトな連続KO勝利を収めている龍聖(TRY HARD GYM)。
REBELS初参戦でいきなり看板選手倒しちゃったんで
「調子に乗ってんじゃねーぞ!!」
って感じで記念すべき大会で一番乗りに乗ってる元気な若武者が武潰しにきたかなって感じです。
武は子供の頃から地元名古屋はもちろん仙台、石巻、沖縄をはじめ日本各地、タイ、カンボジアなど海外の遠征試合も経験し、悔し涙を流しながらコツコツ実力をつけてきました。
まさに雑草とエリート。
地方ジムだからこそ地方ジムらしい東京の大舞台への道のりを歩いてきました。
こんな世の中だからこそ自分の生き様を見せてほしい。
人生に遠回りなどない。
時間がかかった分自分の中にスピリッツ(魂)が生まれる。
すべてが自分の誇りとなって、闘いの魂となる。
多分この大会で一番の注目のカードだと思います。
武の参戦でKNOCK OUTが更に面白くなるでしょう!!
皆さん御期待ください!!

2021/01/26(Tue)
GETOVER情報| | コメント(0)

ピンチをチャンスと捉える原理

格闘技の醍醐味って予想外の結果が起きる事。
当たり前のように勝つはずの選手がまさかの結末になる事。
数学の方程式に当てはめた計算式の答えのようにはならない。
真剣勝負の面白さってそこにある。
いわゆる
“奇跡の瞬間”を僕はキックボクシングのリングで何度も見て来た。
現役時代は相手が強ければ強いほど燃える。
「見に来るお客さんも連盟の人たちもみんなこいつが俺を倒すって思ってるんだろうなぁ~」
って思うとメラメラと闘志が湧いてくる。
「俺はかませ犬なんかじゃねーよ!!」って感じ(笑)
怖いとかそんな気持ちは全くなかった。
目の前の事をピンチと捉えるかチャンスと捉えるか、気持ちの持ち方ひとつで人生が大きく変わる。
僕みたいに地方のジムは不利と言われていた時代に、主戦場(東京)で戦ったきた地方選手として学んだ事は、
“良い事も悪い事も、目の前に怒る事すべてが自分を大きくするために起きてることなんだ”
って捉える事ですね。


2021/01/23(Sat)
GETOVER情報| | コメント(0)

カレンダー

12 | 2021/01 | 02

-

-

-

-

-

1

2

3

4

5

6

7

8

9

10

11

12

13

14

15

16

17

18

19

20

21

22

23

24

25

26

27

28

29

30

31

-

-

-

-

-

-

月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

QR