2021年02月15日

名古屋のキックボクシングジム[GET OVER]代表、中島稔倫のブログです。2021年02月15日

中島稔倫の波乱万丈日記 » 2021年02月15日

キックも人生も同じ 、ミスを生かすか殺すかは自分次第!!

空振りをいかにフェイントに変えて次の攻撃へ繋いでいくか?
空振りの打ち終わりをいかにして次のパンチの“溜め”に変え、次の強いパンチへ繋いでいくか。
シャドーで1つ1つの技の“軸”を作っておけば、空振りは次の攻撃へのつなぎになる。
攻撃の打ち終わりはすべて次の攻撃の打ち初めのモーションに入っている。
もっと言えば軸と体重移動がしっかりできていれば、ブロックや避ける動作もすべて次の攻撃へのつなぎになる。
“空振りをどう次の攻撃へ生かして行くか?”
ミットやサンドバッグをどれだけ打ち込んでも、実践で当たるはずのパンチを空振りした時、瞬時に次の動きへ反応することはできないでしょう。
練習で一番大切なのはシャドー。
休みなく止まらないシャドーボクシング。
毎日試合のイメージをしたテンションと緊張感を持って集中したシャドーボクシングができていれば、試合でも自然に避けられても頭と体が反応するでしょう。
こういう瞬時の判断や頭と体の反応と動きは運動神経やセンスとかではなく、毎日の積み重ねです。
硬いサンドバッグや重いサンドバッグを打ち込めばパンチ力が作って人がいるけど、サンドバッグを何発も打ち込んでも大してパンチ力はつかない。
パンチ力はそれだけサンドバッグを打ち込んだ後、力を抜いてフルスイングのシャドーをやるのが良いでしょう。
パンチもキックも大切なのはすべて足腰。
空振りしてもバランスを崩さない軸と足腰が必要。
フルスイングの空振りを毎日5Rやったら、スタミナもスピードもパンチ力も付きますよ。



2021/02/15(Mon)
GETOVER情報| | コメント(0)

 | HOME | 

カレンダー

01 | 2021/02 | 03

-

1

2

3

4

5

6

7

8

9

10

11

12

13

14

15

16

17

18

19

20

21

22

23

24

25

26

27

28

-

-

-

-

-

-

月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

QR