昨日を振り返る

名古屋のキックボクシングジム[GET OVER]代表、中島稔倫のブログです。昨日を振り返る

中島稔倫の波乱万丈日記 » GETOVER情報 » 昨日を振り返る

昨日を振り返る

今年のスタートから2連敗。
大阪2連敗、昨年のK-1入れると3連敗。
僕は大阪が好きなのに、過酷な試練を与えてくれる。
昨日の試合、泰斗はベストコンディションだった。
気持ちも乗ってたし程よい緊張感を持ってリラックスしてた。
試合前に「相手のリズムに付き合うな、フルラウンド戦うつもりで行け。」
とだけ言いました。
ゴングと同時にプレッシャーをかけながら一気に距離を詰めてきて、ローキックをもらいながらパンチを振ってくる相手の山口選手。
時折ロープを背負う泰斗がその打ち合いの仕掛けに乗ってしまった。
どっちのパンチが当たって倒れてもおかしくない距離での打ち合い。
先に倒れたのが泰斗だった。
たしか左フック。
立ち上がった時泰斗の表情見たらさほどダメージがないのがわかった。
泰斗の試合が東京でも面白いって言われるのはここからの展開。
だけど正直言うと、選手の命を預かっている僕達ジムの責任者からするとこの後セコンドとして出す指示も軽々しい言葉を発する事はできない。
2Rの中盤あたりで完全にローキックがきいているのが明らかにわかった。
大振りのパンチは完全に見切ってたから飛び込んでくる所をしっかりブロックしてプッシュローでよかった。
ただ、勝負は3R。
僕の中で残り1Rでローで倒せるかな?って迷いがあった。
そんな迷いの中で送り出した最終ラウンド、最初だけはローを当ててからパンチと言うリズムも、すぐに激しい打ち合いになった。
どっちが倒れてもおかしくないような激しい打ち合い。
観客は沸いたけどこういう展開になると出す指示もなくセコンドは叫びまくって泰斗の気持ちを乗せて行くのみ。
もう最終ラウンド、倒さなければ勝てないし相手も打ち合いに来ててチャンスなので僕も熱くなってしまい「もうパンチで倒しに行け!」に変わってた。
お互いフラフラの状態で最終ラウンド終了のゴングをきいた。
結果は判定負け。
反省点は多々ある。
こういう展開は初めから予想していただけに結果的に完全に相手のペースで戦ってしまったということだと思う。
ただ、1Rの泰斗が食らった一発が「今からど付き合いやろうや!」ってあいさつ代わりの一発に見えた。
何を言っても負けは負け。
言いたい事は次の試合に体で見せればいい。
この試合は更なる飛躍へのきっかけととらえればいい。
一番悔しいのは本人だからね。
僕らはそのサポートをするのみ。
この試合をきっかけに泰斗はまだまだ強くなります。
次の泰斗にご期待ください!

さて!真冬の3連戦2連敗。
次は作田、気持ちを切り替え行きますよ!








関連記事

2012/02/06(Mon)
GETOVER情報| | コメント(0)

コメント紹介

コメント掲載フォーム


管理者にだけ表示を許可する

カレンダー

09 | 2017/10 | 11

1

2

3

4

5

6

7

8

9

10

11

12

13

14

15

16

17

18

19

20

21

22

23

24

25

26

27

28

29

30

31

-

-

-

-

月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

QR