All Japan Jr Kick 藤原敏男杯全国大会2

名古屋のキックボクシングジム[GET OVER]代表、中島稔倫のブログです。All Japan Jr Kick 藤原敏男杯全国大会2

中島稔倫の波乱万丈日記 » GETOVER情報 » All Japan Jr Kick 藤原敏男杯全国大会2

All Japan Jr Kick 藤原敏男杯全国大会2

会場の台東リバーサイドスポーツセンターはスカイツリーが目の前に見える場所にある。
DSC_0796.jpg
蓮が負けて準が負けて大会前半でGET OVERは全滅。
でも大会役員として最後まで会場にいなきゃいけないということでうちの選手たちはみんな帰ったけど僕だけ残った。
試合見ながら大石代表と話をしてたらあの人が来場!
子供の頃のスーパーヒーロー、初代タイガーマスク佐山サトル氏。
DSC_0798.jpg
藤原会長と佐山さんは知る人ぞ知るある意味同門の仲であり、ある意味師弟コンビとも言える。
プロレスファンだった僕がキックの道へ目を向けるきっかけになったのも、プロレススーパースター列伝のタイガーマスク編を読んでから。
佐山さんがタイガーマスクになる前の新日の若手時代に、グローブもはめたことがない佐山さんがキックルールでマークコステロと戦った試合は有名、合計で15回くらいダウンしたんじゃなかったかな?
その後、“鬼の黒崎”黒崎健時先生と出会い当時の目白ジム黒崎道場で修行をし藤原敏男さんと出会いその後姿を消した。
プロレススーパースター列伝のストーリーだとこんな感じだったかな。

金曜夜8時のワールドプロレスリングに初めてタイガーマスクが登場したときは衝撃的だった。
当時僕は4年生だったかな?そろばん塾が終わるのがちょうど8時で家から歩いて2,3分の所だったので、終わったら全力疾走で走って帰ってた。
学校の休み時間にはいつもソバットの練習をしてた。



DSC_0801.jpg
ここはやっぱりタイガーマスクになってもらって周りのキック関係者の目など気にせず、少年時代のスーパーヒーローと記念撮影!
あの頃の衝撃と言ったら今の何よりも比較にならないくらいの衝撃でしたからね。
そしたら、いつもクールなあの人も少年時代にタイムスリップ!

DSC_0802.jpg
大石会長!同年代ですからね!
そしてKOUKEN GYM齋藤会長は!

DSC_0794.jpg
スカイツリーに夢中でした!
写真
最後はやっぱり夢と目標を見せて頂き、キックの世界に導いてくれた伝説のこの人と念願のツーショット!
藤原敏男会長。
なんと言おうが、この人のやり遂げた偉業は誰も真似できることではありません。
昔、昇が持ってた“藤原敏男写真集”を見せてもらった時の衝撃は忘れることがない。
現代の若者たち!AKなんとかの写真集やら見てる暇があるなら藤原会長の写真集見てみなさい!
少なくとも僕の人生は180度変わったから。
黒崎先生の名言の一つ
“藤原が人より特別な才能を持っていたわけではない。ただ、誰もができないと思っている事、やろうとしない事を進んでやっただけの事である”
今思い出して、この言葉を書いているだけであの頃の衝撃がメラメラ燃え上ってくる。そしてまた、落ち込んでいる自分に活力が出てくる。
自分で自分を燃え上らせるってこういうことを言うのかな。
我ジムの選手たちよ!この黒崎先生の名言を胸に“不可能を可能にする選手”になってくれ!

関連記事

2012/04/16(Mon)
GETOVER情報| | コメント(0)

コメント紹介

コメント掲載フォーム


管理者にだけ表示を許可する

カレンダー

09 | 2017/10 | 11

1

2

3

4

5

6

7

8

9

10

11

12

13

14

15

16

17

18

19

20

21

22

23

24

25

26

27

28

29

30

31

-

-

-

-

月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

QR