NAGOYA KICK結果

名古屋のキックボクシングジム[GET OVER]代表、中島稔倫のブログです。NAGOYA KICK結果

中島稔倫の波乱万丈日記 » GETOVER情報 » NAGOYA KICK結果

NAGOYA KICK結果

健太郎、本線ドローで苦しい戦いでしたが延長戦2-1で判定勝利!
初のメインイベント、ケミカル瞬太5Rフルに戦いお互い両目尻をカットし血だらけの戦いを制し2-0瞬太勝利!
__ 44
__ 33
__ 22
__ 11
苦しい戦いでした。
瞬太は今回1階級上のトップランカー相手で苦しい戦いになるであろうと予想してました。
しかも初の地元でのメインイベント。
内容が問われる立場だけに、いつもより固くならないかが心配でした。
しかし1Rの動きを見たら堂々とした戦いぶり。
ハチマキ選手のクリンチワークに苦しみましたが後半作戦を切り替え瞬太の攻撃が的確にヒット。
最終ラウンド瞬太がバッティングで左目尻をカットされましたが、最終ラウンド残り20秒くらいで瞬太のたてヒジが見事ヒットし相手の額がザックリ。
4R、僕がNJKFフェザー級タイトル2度目の防衛戦でKO勝ちした天下の宝刀バックススピンエルボー。
僕のバックエルボーは普通のオーソドックス選手が回る反対を回るんです。
瞬太、見事クリーンヒットさせてダウンかと思ったんですが当たった後巻きついてもつれて倒れた感じになってしまったんでダウンにはなりませんでした。
でも見事でした。でも最後の空振りはやりすぎですね。
健太郎は今までで一番苦しい戦い。
試合前しか練習しないからまああんなもんでしょう。
でも、応援団、入場、野次などあらゆる面において会場を沸かせてくれます。
ある意味プロの仕事をきっちりやってくれます。
健太郎らしくていい。
内容はおいておいて勝ったのでよしとしましょう!
試合内容にはあえて触れません。
そして、瞬太は一気にWPMFトップランカーに勝利し、たぶん近々その位置にランクインすると思います。
まずはその山の頂上が見える位置にいると思います。
これからが本当のトップ戦線での戦い。
まずはベルト。狙っていきます。

今回たくさんの応援、本当にありがとうございました!
最高の気分、最高の美酒、この瞬間の気持ちを味わいたくて僕達は頑張っております。
本物の感動や本物の涙、今の世の中作られた感動ばかりがテレビやニュースで流されている世の中です。
ライブで見る感動って会場まで来ないと絶対味わえないです。
だから僕達ファイターは「来て良かった」「面白かった!」とお客さんに言わせたい。
真剣勝負から伝わるもの、見て感じて心に響いてもらえたら我々関係者は嬉しいです。
そして今回ジュニアのみんなもたくさん応援に来てくれて、最後にみんなリングに上げる事ができて本当に嬉しかった。
小さい体で大きな夢を!
今回の試合が子供達の心の中にどんな形でもいいから残ってくれていれば嬉しいです。
本当にありがとうございました!
関連記事

2012/06/04(Mon)
GETOVER情報| | コメント(0)

コメント紹介

コメント掲載フォーム


管理者にだけ表示を許可する

カレンダー

07 | 2017/08 | 09

-

-

1

2

3

4

5

6

7

8

9

10

11

12

13

14

15

16

17

18

19

20

21

22

23

24

25

26

27

28

29

30

31

-

-

月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

QR