NAGOYA KICKを終えて

名古屋のキックボクシングジム[GET OVER]代表、中島稔倫のブログです。NAGOYA KICKを終えて

中島稔倫の波乱万丈日記 » GETOVER情報 » NAGOYA KICKを終えて

NAGOYA KICKを終えて

今回のNAGOYA KICK、たくさんの応援ありがとうございました。
泰斗の入場の会場が割れんばかりの大声援、メインの瞬太の大接戦の試合に声をからして声援を送ってくれたジュニア選手達。
そして、デビュー戦の坂本に声援を送ってくれた方々、本当にありがとうございました。
今回の結果はすべて指導者の僕の責任であり、すべての結果を素直に受け止めて次につなげて行こうと思います。
いろんな思いはありますが、後悔はしたくないので今回はこれで良かったんだと自分に言い聞かせてます。
悔しいのは選手も僕も同じ。
ただ、たくさん応援に来てくれたのにGET OVERの選手の勝利を見せる事が出来なくて、申し訳ない気持ちでいっぱいです。
しかし、GET OVERはその名の通り“乗り越える”と言う事。
目の前の壁を乗り越える事が人生の楽しみだと思います。
降る日もあれば晴れの日もある。
流れに逆らわず、目の前に起きる事に動揺せず神様が与える試練は自分が大きくなるために与えられたんだと捉えて、一つ一つ乗り越えてでかい人間になってやろう!
今回の結果は次への通過点です。
選手達は必ず同じ気持ちだと思います。
今回出場した瞬太、泰斗、坂本の次回に御期待ください!
本当にありがとうございました。
写真 4 (5)
写真 5 (2)
写真 3 (5)
写真 1 (6)

打ち上げを日比野のアクアにて行い、夜中の2時頃帰宅。
朝8時に武とジムで待ち合わせなのに8時15分に武からの電話で目が覚めて大パニック。
頭ガンガンで慌てて用意してうちの子供達と雄太と雄太のお父さんにも手伝ってもらいトラックを取りに行って向かった先は滝学園高校柔道部。
畳を40枚取りに行きました。
柔道部の畳を全部張り替えるとのことで古い赤畳を頂きました。
しかも偶然柔道部の羽生先生はうちの杉山明隆の高校時代の恩師。
ちなみに明隆は滝高出身ではありませんよ(笑)

写真 (5)
ジムに帰り汗だくで畳を下しそのまま6階のジムへ。
ゆきかと智広も手伝ってくれて助かりました。
とりあえず完成
写真 2 (6)
情熱の赤!
気持ちを切り替えて9月1日の名古屋Krushに向けてスタートします。
ちなみに畳の隙間の所は伊藤茂樹氏がプロの腕で畳を寸法通りに切って後日はめ込んでくれるとの事。感謝です!

関連記事

2013/07/22(Mon)
GETOVER情報| | コメント(0)

コメント紹介

コメント掲載フォーム


管理者にだけ表示を許可する

カレンダー

07 | 2017/08 | 09

-

-

1

2

3

4

5

6

7

8

9

10

11

12

13

14

15

16

17

18

19

20

21

22

23

24

25

26

27

28

29

30

31

-

-

月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

QR