新日本プロレス

名古屋のキックボクシングジム[GET OVER]代表、中島稔倫のブログです。新日本プロレス

中島稔倫の波乱万丈日記 » GETOVER情報 » 新日本プロレス

新日本プロレス






昨日はプロレス大好きなジュニアクラスの子供達とそのお父さん、そして泰斗と共に白鳥国際会議場へ新日本プロレス観戦へ。
新日本プロレスと言えば僕らが子供の頃、毎週金曜日の夜8時からたくさんの大きくな夢を抱き今も尚、その夢は僕らの大きな根っこになって生き続けています。
そんな新日本プロレスも一時期はドラゴンゲートを始め、インディ団体と言われていた現代のプロレス団体が人気を集め、歴史あるメジャー団体と言われていた団体がインディに押され気味になっていました。
そんなイメージのまま昨年久々に見に言った新日本プロレスの愛知県体育館大会、予想外の超満員!!
始めて生で見た棚橋、オカダ、中邑、の今の三大エース、めちゃくちゃかっこよかった!!
そして、今回の白鳥国際会議場大会、超満員どころの騒ぎではない超満員!
しかも、全く照明設備を使わず全試合入場も音響とスクリーン映像のみ。
凄い盛り上がりでした。
この前、テレビでWWE見てたらあのハルクホーガンも復帰との事。
リックフレアーもたぶん70歳くらいなのにまだまだ現役バリバリで頑張ってる。
大きくて強いスーパーヒーローに憧れ、たくさんご飯食べてたくさん遊んで大暴れしてた僕らの少年時代。
こうやって自分の子供も含めプロレスを見にきて選手入場で選手を触りに入場通路へ走って行く子供達を見ながら自分の子供の頃とタブラせて見てるとなんか嬉しくなる。
プロレスファンから入りプロレスラーに憧れ、そして強さを追求してキックボクシングに辿り着いた僕としては、子供達にはまずはプロレスを見せて、
大きくて強い者への憧れを抱かせて、そして最後には正義が勝つと言うプロレス特有のヒーロー像を子供達に理解してほしいと思いますね。














































iPhoneから送信
関連記事

2014/03/23(Sun)
GETOVER情報| | コメント(0)

コメント紹介

コメント掲載フォーム


管理者にだけ表示を許可する

カレンダー

07 | 2017/08 | 09

-

-

1

2

3

4

5

6

7

8

9

10

11

12

13

14

15

16

17

18

19

20

21

22

23

24

25

26

27

28

29

30

31

-

-

月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

QR