1週間考え、悩んだ質問の答え

名古屋のキックボクシングジム[GET OVER]代表、中島稔倫のブログです。1週間考え、悩んだ質問の答え

中島稔倫の波乱万丈日記 » GETOVER情報 » 1週間考え、悩んだ質問の答え

1週間考え、悩んだ質問の答え

先週のBRIDGE終了後、あるジュニアクラスのお母さんから質問を受けた。
この質問、僕にとっては衝撃的な質問で深く考えなければ答えには困らない質問。
でも、僕は競技者として長年やってきただけに嘘は言いたくない。
明確な答えを出したい。
その答えをじっくり考えてみた。
耳にしそうな単純な質問

「練習すれば勝てるんですか?」

普通の指導者や先生ならこう答えるでしょう
「あたりまえだろ!一生懸命練習すれば絶対勝てる!」
でも、 僕は長年選手としてやってきて勝ったり負けたりを繰り返して来た経験上、「練習すれば絶対勝てる!」、これは決してそうではなかった。
時には全然練習してなかった選手が簡単に勝ってしまう事もある。
「じゃあ、いったい何のために練習するの?」
「練習しても勝てないなら練習する意味ないじゃん!」
何のために練習するの?
それは、自分を信じるために、いわゆる自信を付けるために練習するのです。
時には自信がなくても勝ってしまうこともある。
でも、そんな選手は予想外の展開を予測できていないから負けるときはもろい。
どんな展開になっても冷静に対応できるようにする、その為に毎日の練習がある。
そして、「ここまでやったんだから負けるわけがない!」自分を信じることができる。
自分を信じる事ができない人間に本当の悔しさはない。
自分を好きになれない人間に本当の怒りはないと思う。
本当に悔しい~って思えた時にこそ反逆の魂が生まれる。
「これだけ苦しい練習したから負けるわけがない!」って思ってても負けてしまった。
そんなときは「俺は一番練習したと思ってたけど相手はもって苦しい練習してたんだ。
今度は3倍練習して絶対あいつに勝ってやる!」って気持ちが芽生えてくる。
試合で100%の力を出すには120%の練習をするしかないんです。
苦しい練習とかミットを何ラウンドやったとかじゃなくて、寝不足でも二日酔いでも仕事が忙しくても、自分に甘えず、毎日練習に来たかって事。
「1日くらい・・・・・」って気持ちに負けてる人間にj鉄の意志はない。
キックも人生も同じ
すべては自分を信じ自分を好きになる事。
試合中の痛みと苦しみの戦いの中で、“絶対折れない心”はそんな毎日の積み重ねから生まれるのです。
「練習すれば勝てるか?」答えは、練習して勝てるとは限りません。
しかし、練習してきた日々の積み重ねは絶対嘘はつきません。
技は見よう見まねでもできる。
しかし、根っこの部分は練習なくして成長はありません。

練習とは、弱い自分を克服し自分を信じるための裏付けをする作業です。


関連記事

2014/05/23(Fri)
GETOVER情報| | コメント(0)

コメント紹介

コメント掲載フォーム


管理者にだけ表示を許可する

カレンダー

05 | 2017/06 | 07

-

-

-

-

1

2

3

4

5

6

7

8

9

10

11

12

13

14

15

16

17

18

19

20

21

22

23

24

25

26

27

28

29

30

-

月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

QR