BRIDGE road to SENDAI 2014 完結編 戦場14

名古屋のキックボクシングジム[GET OVER]代表、中島稔倫のブログです。BRIDGE road to SENDAI 2014 完結編 戦場14

中島稔倫の波乱万丈日記 » GETOVER情報 » BRIDGE road to SENDAI 2014 完結編 戦場14

BRIDGE road to SENDAI 2014 完結編 戦場14

10月のBRIDGE road to SENDAIからのストーリーとも言える今回の戦場14&アマチュア大会Aリーグ。
まさに“road to SENDAI”でした。 
今回の大会が終わって僕の中でのroad to SENDAI 2014は終了しました。
注目はもちろん作田なんですが、ストーリーができているだけに身内的な注目は伊藤茂樹。
泥酔いの観戦からの打ち上げでのビッグマウス。
最後は「俺がKO勝ちと言うのを見せてやる!」
と、若い選手たちに叫んでました。
そして!
IMG_1819.jpg
なんと、ヘビー級トーナメント優勝!DBSアマチュアヘビー級チャンピオンになりました!
IMG_1826.jpg
息子の光毅はバックブローを連発させて会場を盛り上げて見事判定勝利!
ジュニアMVPに輝きました!
IMG_1825.jpg
素晴らしい親子!
感動的で少し涙が出そうになりました!
プロ選手の活躍もうれしいけど、GET OVERには他のジムとは違い、子供達をはじめ、違ったキックボクシングの面白さがあり、一味違った感動を味わう事ができるのが幸せです。
そして!
IMG_3569.jpg
IMG_3491.jpg
IMG_3721.jpg
作田、ベルトに届かず!
残念ながら判定負けでした。
内容はこちら
efight
IMG_1832.jpg
涙あり感動ありの6回目の仙台遠征でした。

10月のBRIDGE road to SENDAI、ドラゴンジムの子供達との交流も深まり、名古屋に来た子供達には特別な思いもあり今回の試合に出てた選手には思わず大声で応援してしまいました(笑)
そんなBRIDGE road to SENDAIがかなりの影響力があったらしくて、現在あるところでroad to SENDAIを開催する準備が進められているとか。
キックボクシングを通じてこういう“輪”が広がっていく事が嬉しいわけです。
偉そうなことは言いません、みんなで集まって楽しければいいんです、大人も子供達も。
みんなで汗かいてみんなでうまい物食べてうまい酒飲んでみんなでバカ騒ぎして、そんな気持ちを共感できる仲間が好きなんです。
だから、キックボクシングは最高なんです。
来年に向けてのストーリー、始まってます!
まずは、1月25日です。


関連記事

2014/12/09(Tue)
GETOVER情報| | コメント(0)

コメント紹介

コメント掲載フォーム


管理者にだけ表示を許可する

カレンダー

08 | 2017/09 | 10

-

-

-

-

-

1

2

3

4

5

6

7

8

9

10

11

12

13

14

15

16

17

18

19

20

21

22

23

24

25

26

27

28

29

30

月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

QR