名古屋のキック界の立役者、早川ジム初代会長 早川新助さん

名古屋のキックボクシングジム[GET OVER]代表、中島稔倫のブログです。名古屋のキック界の立役者、早川ジム初代会長 早川新助さん

中島稔倫の波乱万丈日記 » GETOVER情報 » 名古屋のキック界の立役者、早川ジム初代会長 早川新助さん

名古屋のキック界の立役者、早川ジム初代会長 早川新助さん

先日の大和ジム創始者近藤正男さんの葬儀の時に初めてお会いし挨拶させて頂き「今度食事でもどう?」と早川さんから直々にお誘いを受け、先週の土曜日に初めて早川ジム初代会長でありテレビ朝日ワールドキックボクシング初代フライ級チャンピオン、早川新助さんとお食事を御一緒させていただきました。
場所は駅裏にある近藤さんが生前早川さんとよく行かれていたと言う魚料理の小づち、新鮮で高級な料理を腹いっぱい御馳走になりました。
まだキックボクシングがゴールデンタイムでテレビ中継されていた頃、名古屋には大和ジムと中京ジムの二大勢力があり、早川さんは中京ジムで活躍しチャンピオンになられた方です。
当時、中京ジムのエースで大沢昇さんと引き分けた経験のある片山源太さんとも昔近藤さんと一緒に食事をさせていただいた事があります。
そして、現治政館、長江國政会長は愛知県春日井市出身で現役初期の頃は大和ジム出身だったと言うのは有名な話です。
中京ジムが閉鎖される頃に早川さんが早川ジムを立ち上げ、MA初代バンタム級チャンピオン丹代進さんを育て上げました。
僕は昔、門野会長から大和ジムの昔の話はたくさん聞きましたが、中京ジムの話を聞いたのは初めてです。
中京ジムが昔の早川ジムだったと言う事も小森会長からこの前聞いたばかりです。
早川さんからたくさん昔の話を聞いて自分が歩んで来た時代と照らし合わせて、新しい時代に活かして行く。
こうやって話を聞くと、名古屋の長いキックの歴史の中に僕自身も携わってきたことに誇りを感じます。

昔のパンフレットを見せて頂いたので、少し載せてみました。
「あっ」って思う大先輩が載ってます。
IMG_3785.jpg
IMG_3799.jpg
IMG_3803.jpg
IMG_3792.jpg
FullSizeRender (9)
FullSizeRender (8)
FullSizeRender (7)
FullSizeRender (5)

FullSizeRender (6)
FullSizeRender (4)
IMG_3805.jpg

FullSizeRender (2)


FullSizeRender (1)






関連記事

2015/03/02(Mon)
GETOVER情報| | コメント(0)

コメント紹介

コメント掲載フォーム


管理者にだけ表示を許可する

カレンダー

09 | 2017/10 | 11

1

2

3

4

5

6

7

8

9

10

11

12

13

14

15

16

17

18

19

20

21

22

23

24

25

26

27

28

29

30

31

-

-

-

-

月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

QR