ジュニアポイント制グローブマッチ結果

名古屋のキックボクシングジム[GET OVER]代表、中島稔倫のブログです。ジュニアポイント制グローブマッチ結果

中島稔倫の波乱万丈日記 » GETOVER情報 » ジュニアポイント制グローブマッチ結果

ジュニアポイント制グローブマッチ結果

今回も感動の涙あり、悔し涙ありの素晴らしい大会となりましたジュニアポイント制グローブマッチ。
まずはGET OVERジュニアの結果です。

中島大河   1回戦敗退
翁坂翔大   2回戦敗退
寄川毅心   フライ級トーナメント優勝
加藤一虎   2回戦敗退
弘松 力   フェザー級トーナメント優勝、ベストテクニック賞受賞
二村玲央   1回戦敗退
中島大翔   ライト級トーナメント準優勝、ベストファイト賞受賞
内野楓真   1回戦敗退
大宅璃玖   ウェルター級ワンマッチ 判定勝ち
森 隼祐    ヘビー級ワンマッチ 判定勝ち

大河は体格が少し大きい相手でしたが最後までよく攻めました。
翔大は初出場で初勝利、2回戦は同門対決で毅心に惜しくも判定で負けました。
そして、その毅心が見事優勝、いつもここ1番でポカをして涙を飲んだ毅心が一皮むけた試合でした。
一虎は前回初出場でいきなりの初優勝、MVPを獲得しましたが、今回はフライ級にGET OVERから3名出場しているので一虎は階級を上げてフライ級で出場させました。
フェイスガード付きヘッドギアで胴あてありだと体が小さいとかなりフリでした(笑)
一虎はかなり悔しかったみたいで今週日曜日に爆発してくれると思います(笑)
玲央と楓真は初試合、かなりガチガチでしたが良い経験だったと思います。
よくがんばりました。
力は今回プレッシャーのかかったトーナメントでしたが、ガチガチの1回戦を乗り越えてからは安定した実力を見せてくれました。
大翔はメインイベントで延長戦から再延長戦へ。
優勝候補相手に互角の戦いを見せて再延長戦で涙を飲みました。
璃玖も隼祐もワンマッチでしたが一皮むけた戦いを見せてくれました。
璃玖は実力者原谷彩香相手に1歩も引かず再延長までもつれ込み見事勝利。
隼祐はキャリアが上の相手に圧勝。
そして、road to SENDAIメインイベントの武と翼の紹介もあり武が翼を挑発。
それに対しての翼の発言で二人のにらみ合いが始まり乱闘寸前の雰囲気で関係者たちが止めに入ると言うハプニングもありました。
過去最高に盛り上がった今回のポイント制グローブマッチ。
今週連戦でroad to SENDAIに出場する選手もいます。
武と翼の挑発合戦もありまさに、road to SENDAIへつながる大会となりました。
IMG_6255.jpg
IMG_6251.jpg
IMG_6248.jpg
IMG_6243.jpg
IMG_6238.jpg
IMG_6241.jpg
IMG_6232.jpg
IMG_6223.jpg


関連記事

2015/09/14(Mon)
GETOVER情報| | コメント(0)

コメント紹介

コメント掲載フォーム


管理者にだけ表示を許可する

カレンダー

05 | 2017/06 | 07

-

-

-

-

1

2

3

4

5

6

7

8

9

10

11

12

13

14

15

16

17

18

19

20

21

22

23

24

25

26

27

28

29

30

-

月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

QR