かつての大和ジム鬼コーチ、GET OVER襲撃!

名古屋のキックボクシングジム[GET OVER]代表、中島稔倫のブログです。かつての大和ジム鬼コーチ、GET OVER襲撃!

中島稔倫の波乱万丈日記 » GETOVER情報 » かつての大和ジム鬼コーチ、GET OVER襲撃!

かつての大和ジム鬼コーチ、GET OVER襲撃!

先日、ジムに1本の電話が鳴った。
僕はミットで指導中だったので練習生が取った。
インターバル中に練習生が「小磯って方から電話でまたかけるそうです。」
「小磯?」
頭に浮かんだのはあの方しかいない!僕が27年前、大和ジム入会した時、誰一人無駄しゃべりなんてしている人はいなくて、ジムに入った瞬間からのあのピリピリムードが漂っていたのは、小磯コーチがいたからだった。
マススパーをやれと言われたら本気のガチ、キャリアの上も下もなく、時には体重の上も下もなくガチでやらされた。
科学的トレーニングなど全くなく、ミットはスパルタ、でも、試合のリングに上がる時は「俺は誰よりも一番練習してきたんだ!」って絶対の自信があった。
そんな鬼コーチ、僕から折り返したら久しぶりに汗流したいから行ってもいいか、との事。
もちろん是非って事で久々の再会で、懐かしい話と共に久々の鬼コーチとのマススパー。
鬼コーチはお決まりで絶対手加減なしで来るので僕も久々にガードをしっかり上げました(笑)
ミドルは全てキャッチされるので、鬼コーチとマスやる時のミドルは浅く腕を蹴るだけです(笑)
そして、久々に懐かしのミットを持ってもらいました。
現役時代を思い出す。



そしてコージも(笑)


昔、僕が三菱自工で夜勤をやりながらプロ5戦目までやったころ、真夏のジムで冷房もない中で夕方16時から小磯コーチが練習を付き合ってくれた。
40度近いジムで「ぶっ倒れるまでやるぞ!」ってマンツーマンでミットでしごかれた事がある。
約10Rくらいやって二人で汗だくになりながら小磯コーチが「次ラストな!」って言って「よし勝った!」って思った事を思い出した。
あの頃があったからこそ今がある!そんな時代のお世話になった人たちとの再会は最高に嬉しくて今の自分の最高の活力剤です!
関連記事

2015/10/10(Sat)
GETOVER情報| | コメント(0)

コメント紹介

コメント掲載フォーム


管理者にだけ表示を許可する

カレンダー

07 | 2017/08 | 09

-

-

1

2

3

4

5

6

7

8

9

10

11

12

13

14

15

16

17

18

19

20

21

22

23

24

25

26

27

28

29

30

31

-

-

月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

QR