サトルザノヤ in GET OVER

名古屋のキックボクシングジム[GET OVER]代表、中島稔倫のブログです。サトルザノヤ in GET OVER

中島稔倫の波乱万丈日記 » GETOVER情報 » サトルザノヤ in GET OVER

サトルザノヤ in GET OVER

IMG_8646.jpg
かつては全日本キックウェルター級でデビューし無敗の4連勝で1995年度全日本キック新人王を獲得。
全日本がNJKFと分裂してからは、NJKFウェルター級のランカーとして活躍し仕事に専念するために引退。
IMG_8661.jpg
これはずっとジムに飾ってある写真で僕が全日本バンタムのベルトの初防衛に成功した時の写真。
右から二番目が若かりし頃の埜谷くん(笑)
まだ柔道整復師の学校に通っていた学生の埜谷くん(笑)
この年の年末の全日本キックの年間表彰で僕が敢闘賞、埜谷が新人王に輝き東京に行きました。
柔道整復師として接骨院を開業してから店舗展開し、現在は名古屋市内に4軒?5軒?の接骨院と訪問マッサージも行う実業家として活躍しています。
ちなみにうちの住んでいるマンションの一階は埜谷くんグループの接骨院 パンチ接骨院です。

さて、10年間のミット持ちの疲労と衝撃でかなりボロボロになっている僕の体。
今まで昭和なアスリートらしく根性論で現役時代を過ごしてきた僕が、40過ぎてからキック以外のスポーツ、フルマラソンやゴルフ、自転車などやってみて気付いた筋肉の硬さ。
手首、肩回り、肩甲骨、腰、すべてが硬い。
大胸筋が発達している分前に引っ張られ姿勢は猫背、心臓を圧迫して呼吸もしんどくなる。
「トップアスリートは肩回り、肩甲骨がやわらかい」ってムエチキ氏が誰かに聞いて言ってた。
たしかにその通りだと思う。
そんな話を後輩の埜谷としてたら、今日二つの最新の知力機を持って昼休みに各店舗の院長を連れてみんなで来てくれた。
これが、すごい治療器で驚いた。
正直、埜谷の説明を聞いた時はそんなに大した機械だとは思わなかった。
「一度やってみてください」って感じでやってみてビックリ!
これは文章では伝わらないので写真を見てください(笑)
ただ、ちょっと痛いです(笑)

まずこれはマッサージみたいに表面の筋肉をほぐすだけじゃなく、奥の筋肉に振動を与えて緊張を取る機械。
ポイント個所をいくつかやってもらったけど最初に計測した肩と腰の可動域が明らかに変わりました。
IMG_8652.jpg
IMG_8654.jpg
IMG_8655.jpg
IMG_8656.jpg
IMG_8658.jpg
そしてこれが眠っているインナーマッスルを起こす機械。
インナーマッスルを鍛える機械ともいいます。
僕の場合は40過ぎて衰える部分は衰え、40過ぎても発達していく部分は発達し筋肉がアンバランスになっています。
そのアンバランスが疲労になりケガ、故障につながります。
この機械、凄いです。
30分、結構しんどいですが終わった後明らかに効果がわかります。
インナーマッスルを動かすからお腹がしまり明らかにウエストが細くなります。
あと、埜谷先生曰く「成長痛のお子さんなんか一発で治ります」との事。

この機械、近々もう一回GET OVERにておためし体験。
そして、なんと2月21日(日)日本ガイシプラザ第三競技場にて開催のBRIDGE one match challenge会場内にてブースを設け体験治療を行います。
これ、なかなか凄いんで一度お試しください!

IMG_8645.jpg
IMG_8659.jpg
IMG_8660.jpg
関連記事

2016/01/28(Thu)
GETOVER情報| | コメント(0)

コメント紹介

コメント掲載フォーム


管理者にだけ表示を許可する

カレンダー

05 | 2017/06 | 07

-

-

-

-

1

2

3

4

5

6

7

8

9

10

11

12

13

14

15

16

17

18

19

20

21

22

23

24

25

26

27

28

29

30

-

月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

QR