ミスターラグビー平尾誠二さん

名古屋のキックボクシングジム[GET OVER]代表、中島稔倫のブログです。ミスターラグビー平尾誠二さん

中島稔倫の波乱万丈日記 » GETOVER情報 » ミスターラグビー平尾誠二さん

ミスターラグビー平尾誠二さん

先日53歳の若さでこの世を去った“ミスターラグビー”、日本代表監督平尾誠二さん。
僕が中学生の頃見たスクールウォーズのモデルが、平尾誠二さん達の時代の伏見工業l高校ラグビー部だったと言う事を知った時は衝撃的だった。
あの感動の最終回、全国高校ラグビー決勝戦、見事念願の日本一に輝いたあの時の川浜高校キャプテンのスタンドオフ平山が、平尾誠二さんがモデルだったと言う事は高校でラグビーを始めてから先輩から聞いた。
伝説の1985年1月の平尾誠二率いる同志社大学VS7連覇8度目の日本一を目指す松尾雄二率いる新日鉄釜石の全国社会人ラグビー日本一決定戦。
松尾雄二さんの引退試合でもあったこの一戦は今でも伝説として語り継がれている。
平尾さんが34歳の最年少で日本代表の監督になり、何かのテレビ番組で言っていた一言が今でも心に残っています。

僕は試合前、ロッカールームの中で「勝つ」と言う言葉は一切使わない。
「勝て」とか「勝つぞ」と言う言葉は一切使わない。
こんな事は神様が決める事、天候の具合もあるだろうしボールのバウンドの具合もあるだろうし。
そういう事は我々だけでは決められない。
最善の努力をすると言う事。


勝つためには何をすべきか。
最善の努力とは何か。
“誰よりもたくさん練習すること”です


yjimage.jpg



関連記事

2016/10/26(Wed)
GETOVER情報| | コメント(0)

コメント紹介

コメント掲載フォーム


管理者にだけ表示を許可する

カレンダー

03 | 2017/04 | 05

-

-

-

-

-

-

1

2

3

4

5

6

7

8

9

10

11

12

13

14

15

16

17

18

19

20

21

22

23

24

25

26

27

28

29

30

-

-

-

-

-

-

月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

QR