塩釜神社、御幸山地獄の坂道ダッシュで思う事

名古屋のキックボクシングジム[GET OVER]代表、中島稔倫のブログです。塩釜神社、御幸山地獄の坂道ダッシュで思う事

中島稔倫の波乱万丈日記 » GETOVER情報 » 塩釜神社、御幸山地獄の坂道ダッシュで思う事

塩釜神社、御幸山地獄の坂道ダッシュで思う事

ムエチキ氏とのフルマラソン前の恒例の強化練習、30kmコースの11km地点にある塩釜神社と御幸山中学校の間にある地獄の坂道
IMG_4002.jpg
3年前に年末の行事としてプロ選手含むジム生とみんなでこの30kmコースを走ってから、泰斗や宮地たちも試合前に御幸山坂道ダッシュをやってるみたいです。
はっきり言ってこの坂道はダッシュになりませんが(笑)・・・・3本走ると足腰がガクガクになります。
塩釜神社がちょうど坂道の中間地点くらいにあるわけですが、下から見るとあそこまで行けば後少しのように見えるわけです。
しかし、一番苦しいのは塩釜神社からの残りの坂道。
1歩進むのも困難なくらい。
先週の日曜日にムエチキ氏と走っていてふと思ったんですが・・・・・・・・・。

塩釜神社は安産祈願、初宮参りとしては有名な神社です。
僕も、長男と次男が生まれた時行きました。
その時はさすがに車で行っているので気づかなかったんですが、フルマラソンの強化練習で自分の足で走るようになりふと日曜日に走った時思ったんです。
塩釜神社はこの地獄の坂道の真ん中あたりにあります。
そこまでは早かろうが遅かろうがなんとか走って行けるんです。
下から見たら塩釜神社まで行けば、後ひと踏ん張りすれば簡単に一番上に行けるように見えるんです。
しかし、塩釜神社からのあと少しに見える後半の坂道が、前半駆け上がった道のりの3倍以上しんどいんです。
これって人生物語っているように思えるんです。
恋愛を経て子供が生まれお宮参りに塩釜神社に来て幸せなゴールインみたいに思えるけど、これからが本当の人生の闘いのスタートだよって塩釜神社とこの坂道が伝えているように思えました。
お宮参りに来てその後この坂道を走りに来たお父さんはたぶん僕とムエチキ氏だけだと思うんで(笑)
世間では塩釜神社は凄い坂道の途中にある神社くらいにしか思われてませんが、こんな見方をしたのは僕くらいでしょうか(笑)
一度自分の足で3往復くらいしてみてください。
塩釜神社がこの場所に建っている意味が、分かると思います。
ただ、塩釜神社の神主さんに聞いたわけではありません(笑)
勝手に僕が感じただけです(笑)




関連記事

2016/11/10(Thu)
GETOVER情報| | コメント(0)

コメント紹介

コメント掲載フォーム


管理者にだけ表示を許可する

カレンダー

05 | 2017/06 | 07

-

-

-

-

1

2

3

4

5

6

7

8

9

10

11

12

13

14

15

16

17

18

19

20

21

22

23

24

25

26

27

28

29

30

-

月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

QR