GET OVER新旧対決

名古屋のキックボクシングジム[GET OVER]代表、中島稔倫のブログです。GET OVER新旧対決

中島稔倫の波乱万丈日記 » GETOVER情報 » GET OVER新旧対決

GET OVER新旧対決

最近ジムに復帰したGET OVER初期のエース、杉山明隆と冨田昌敬。
7年程前になるのかな?名古屋でNAGOYA KICKが定期開催されていた頃に活躍していた選手です。
特に杉山明隆はNAGOYA KICKがきっかけで日本のキック界のトップ選手達との闘いを繰り広げ、東京でも活躍した選手です。
今日はそんな二人が土曜の昼ジムで一緒になり、そこに作田も現れて当然のように新旧対決となりました(笑)
仕事終わりにジムに来て睡眠不足であまりやりたくない冨田、ミットも終わりアドレナリンが出始めテンションマックスでやる気満々の明隆、そしてジムに来ていきなり「急いでマススパーの準備しろ!!」命令が出て、何が何だか訳が分からずとりあえず準備をした作田。
みんなそれぞれのテンションで順番にリングに上がり新旧マススパー対決が始まりました(笑)




今年で12年目のGET OVER。
来週金曜日はGET OVERの立ち上げと共に僕についてきてくれた上田廣満が久しぶりにジムに来ます。
初期のメンバーが来てくれると僕自身も初心に帰る。
そういえばこの頃に早川ジムに所属でプロデビューしたばかりの稲留が後輩の片岡に連れられて出稽古に来たのが、今となってはGET OVER WOMEN'Sの代表に就任したきっかけとなりました。(笑)
明隆や健太郎がよく言います。
「今の会長は優しい。昔の会長はめちゃくちゃ怖かった。リングで笑顔なんかなかった。」
ジムを立ち上げた頃は自分の現役時代が基準だったから、プロ選手たちの練習を見ていて毎日イライラしっぱなしでいつも怒ってばかりいました。
なのでこの時代のプロ選手達の練習は本当に厳しかったと思います。
ただ、怒る事って本当にパワーのいることであり、自分の固定観念にとらわれてイライラしていると健康にも悪いので(笑)
歳をと重ねいろんな角度から人間を見ることが昔よりはできるようになり、若い頃より心に余裕ができたと思います。(笑)
今はそんな厳しい時代を生き残った明隆や冨田が今のGET OVERのプロ選手たちにキックの厳しさを伝えて行ってもらいたいです。

IMG_5374.jpg
IMG_5375.jpg
IMG_5387.jpg
IMG_5381.jpg
IMG_5407.jpg
IMG_5408.jpg
関連記事

2017/01/28(Sat)
GETOVER情報| | コメント(0)

コメント紹介

コメント掲載フォーム


管理者にだけ表示を許可する

カレンダー

07 | 2017/08 | 09

-

-

1

2

3

4

5

6

7

8

9

10

11

12

13

14

15

16

17

18

19

20

21

22

23

24

25

26

27

28

29

30

31

-

-

月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

QR