アメフト反則タックル問題で見えた非常識な“反則も技のうち”

名古屋のキックボクシングジム[GET OVER]代表、中島稔倫のブログです。アメフト反則タックル問題で見えた非常識な“反則も技のうち”

中島稔倫の波乱万丈日記 » GETOVER情報 » アメフト反則タックル問題で見えた非常識な“反則も技のうち”

アメフト反則タックル問題で見えた非常識な“反則も技のうち”



今ニュースで話題になっている日大アメフト部の選手の反則タックルの問題。
最初このニュースを聞いたとき、映像を見ていなかったので、アメフトに限らずスポーツにはラフプレーは付きものなので、マスコミや世間の人たちが大げさに取り上げただけの問題だと思った。
しかし、実際にテレビで映像を見た時かなりの衝撃を受けた。
僕自身高校時代はラグビーをやっていたのでこの反則タックルはかなり危険な行為だとはっきりわかる。
アメフトやラグビーはある意味格闘技なのでラフプレーは付きものです。
しかしそれはボールを奪い合っている中での話で、ボールをパスしてしかもパスして数秒経った何も持っていない選手へ後ろからタックルするという行為はかなり危険な行為です。
キックボクシングで言えばブレイクがかかってから、もしくは終了のゴングがなってから無防備な相手へ攻撃を加えるようなもの。
昔からスポーツの試合中にはお互い熱くなっているので多少のラフプレーはあります。
ラグビーで言えばハンドオフがパンチになったりモールの中でボールを奪いあっているときに肘打ちやパンチなど打撃行為を加えたりの多少の見えない反則行為は当たり前の世界でした。
しかし、それはボールを奪い合ったり、ボールを奪いに来る相手に対してお互い熱くなってラフプレーになってしまった事。
昔から
 “反則も技のうち”
と言う言葉があります。
現役時代、会長から「倒れても必ずガードしろ」と教えられてきました。
「倒れて蹴られるのは、蹴られた方が悪いんだ」とも言われました。
金的も蹴りのブロッキングと防御が下手な奴がもらうんだから、蹴られた方が悪いと教えられてきました。
それに、試合中攻防の中で相手がバランスを崩した瞬間の倒れるか倒れないかのギリギリまで攻撃するのはジャッジの印象を良くするため。
反則スレスレで攻撃が当たってしまう事もあります。
しかし、それは計算ずくで倒れた瞬間の攻撃は瞬時に当たっても背中やガードの上を狙っています。
プロなので瞬時にその判断はできています。
しかし今回のアメフトのニュース。
監督の指示だとの発表がありましたが監督はそんな事言ってないとか・・・・・。
とにかく、この問題は反則とかそんな問題ではなく、人間として常識なのか非常識なのかと言うこと。
普通に考えて無防備な相手に対して攻撃を加えると言うことは一番卑怯な事。
スポーツや格闘技の世界で昔からよく言われる“反則も技のうち”という言葉に込められた本当の意味をもう1度しっかり理解してもらいたいと思います。

関連記事

2018/05/17(Thu)
GETOVER情報| | コメント(0)

コメント紹介

コメント掲載フォーム


管理者にだけ表示を許可する

カレンダー

10 | 2018/11 | 12

-

-

-

-

1

2

3

4

5

6

7

8

9

10

11

12

13

14

15

16

17

18

19

20

21

22

23

24

25

26

27

28

29

30

-

月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

QR