槍ヶ岳登山で感じたリュックの荷物なんかよりもっと重いもの

名古屋のキックボクシングジム[GET OVER]代表、中島稔倫のブログです。槍ヶ岳登山で感じたリュックの荷物なんかよりもっと重いもの

中島稔倫の波乱万丈日記 » GETOVER情報 » 槍ヶ岳登山で感じたリュックの荷物なんかよりもっと重いもの

槍ヶ岳登山で感じたリュックの荷物なんかよりもっと重いもの

IMG_5790.jpg
2日間の北アルプス最強の山、槍ヶ岳チャレンジの興奮から覚めることができず、まだ頭の中は夢の世界のままです。
14日土曜日は朝5時半から約11時間登山、翌朝2時出発で南岳への縦走、大キレッドチャレンジも含め約13時間かけての下山。
本当にかなりきつい大自然との勝負でした。
登山は自分と向き合うには本当にいいトレーニングです。
マラソンも同じですが、行けども行けども頂上が見えず、ただひたすら歩き続ける、そんな時本当の自分と向き合う事ができるんです。
今回10時間以上の大自然との勝負、一歩踏み出すのも辛い。
苦しい時、つらい時、弱い自分と真剣に向き合ってみる。
重いリュック、水、食べ物や防寒具、着替え、充電器やらいろいろ入ってますが、そんな荷物の中で一番重いものは水ですね。
そんな背負っている重いリュックの荷物なんかよりもっと重い物って何かわかりますか?

それは自分の
 SPIRIT(魂)
もう一つ違った言い方をすると
 プライド
なんです。

今までの自分の生きざま、キックボクシングの元全日本王者と言うプライド、自分が言い続けて来た事、妥協しなかった事、曲げなかった事。
自分が自分であり続けるために、登山と言う自分との闘いに挑むわけです。
人生近道すれば近道に潰される。
遠回りすれば時間はかかるけど、その分だけSPIRIT(魂)が生まれます。
“絶対諦めるな、できないって言うな、やれない奴が偉そうに語るな、できないなら口を挟むな”
僕は現役時代から人に、そして自分自身に言い続けてきました。
男なら、ビッグマウスと言われるくらい大きな事を語り、そこへ辿り着くために必死に走り続ける人生でありたいと思います。
そんな僕の人生、長年積み上げてきた自分のSPIRIT(魂)、いわば生き様、すべてを背負って歩くわけです。
下ろすのは簡単。
でもそれは自分が自分じゃなくなる事。
自分が言ったこと、曲げなかったこと、すべては自分のSPIRIT(魂)生き様。
もうそんな重い荷物、そろそろ下ろしてしまえばもっと楽になるのにって思う時もあるけど、自分に嘘はつきたくないので、何年経っても僕は僕であり続けたいと思います。
重い荷物を背負って人生の坂道を歩き続けるのはしんどいけど、槍ヶ岳と言う北アルプス最強の山に挑み勝利できました。
まだまだ行ける、歩き続けます。
僕のSPIRITとは
 GET OVER!!(乗り越えろ!!)
 です。

関連記事

2018/07/16(Mon)
GETOVER情報| | コメント(0)

コメント紹介

コメント掲載フォーム


管理者にだけ表示を許可する

カレンダー

11 | 2018/12 | 01

-

-

-

-

-

-

1

2

3

4

5

6

7

8

9

10

11

12

13

14

15

16

17

18

19

20

21

22

23

24

25

26

27

28

29

30

31

-

-

-

-

-

月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

QR