2018.8.4タイ国プーケットパトンスタジアム ルンピニープロモーターヌムノーイ興行 第4試合 中島大翔(JAPAN/GET OVER) VS MEEBUN (THAILAND)

名古屋のキックボクシングジム[GET OVER]代表、中島稔倫のブログです。2018.8.4タイ国プーケットパトンスタジアム ルンピニープロモーターヌムノーイ興行 第4試合 中島大翔(JAPAN/GET OVER) VS MEEBUN (THAILAND)

中島稔倫の波乱万丈日記 » GETOVER情報 » 2018.8.4タイ国プーケットパトンスタジアム ルンピニープロモーターヌムノーイ興行 第4試合 中島大翔(JAPAN/GET OVER) VS MEEBUN (THAILAND)

2018.8.4タイ国プーケットパトンスタジアム ルンピニープロモーターヌムノーイ興行 第4試合 中島大翔(JAPAN/GET OVER) VS MEEBUN (THAILAND)

昨年、初挑戦でガンヤーオ パーサックムエタイにムエタイ初挑戦で判定勝利をおさめ、今回2回目の挑戦となった大翔。
今回はルンピニースタジアムにも参戦している強敵、MEEBUNとの対戦となりました。
まあ、今回試合前日まで対戦カードが二転三転しましたが、昨年勝利をおさめているので、今回はなかなか勝たせてもらえないだろうなと言う予想はしてました(笑)
結果的にはミドルキックが相打ちのような状態でMEEBUNのキックが金的に当たりそのまま立てなくなりKO負けと言う結果ですが、ムエタイでは金的もらって立てなくなったらKO負けとなるんです。
ようはもらった方が悪い、ディフェンスができていないと見なされるわけです。
大翔の場合はMEEBUNの蹴りに対してすでにいっぱいいっぱいでブロックの反応ができず、とっさに出した体の開いた棒蹴りが無防備状態となり金的に当たってしまいました。
基本通りの膝が内に入った腰の入った蹴りなら金的なんかもらうことはなかった。
僕が現役の頃は当時の門野会長に言われました。
金的なんかもらうやつが悪い
倒れた瞬間に蹴られるのはガードしてなかった奴が悪い。
最近はレフリングやジャッジ判定に選手やジム側から物言いがつく時代。
自分の弱さ、自分のミスをジャッジやレフリーのせいにしてるようなもの。
アマチュアとプロの堺がはっきりしていないから、アマチュアみたいな考えのプロばかり増えて、プロのルールがアマチュアみたいにかみ砕いたルールになっていく。
今回の大翔の試合、本当にいい勉強になったと思います。
日本の選手で事あるごとに金的をアピールする選手がいますが、タイなら笑われます。
プロフェッショナルとは何か、昔会長に言われた言葉を思い出し目が覚めました。
大翔の試合、選手たちは是非見てください!!
ムエタイこそプロフェッショナルです。
今の世の中、同じことが言えますね(笑)

















関連記事

2018/08/09(Thu)
GETOVER情報| | コメント(0)

コメント紹介

コメント掲載フォーム


管理者にだけ表示を許可する

カレンダー

08 | 2018/09 | 10

-

-

-

-

-

-

1

2

3

4

5

6

7

8

9

10

11

12

13

14

15

16

17

18

19

20

21

22

23

24

25

26

27

28

29

30

-

-

-

-

-

-

月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

QR