大番狂わせこそ真剣勝負の醍醐味 昨日のK-1最高に面白かった

名古屋のキックボクシングジム[GET OVER]代表、中島稔倫のブログです。大番狂わせこそ真剣勝負の醍醐味 昨日のK-1最高に面白かった

中島稔倫の波乱万丈日記 » GETOVER情報 » 大番狂わせこそ真剣勝負の醍醐味 昨日のK-1最高に面白かった

大番狂わせこそ真剣勝負の醍醐味 昨日のK-1最高に面白かった

昨日のK-1、ここ最近行われた大会の中で一番面白かった。
海外からも来れない、国内で出場できる選手も場所によっては限られてくると言う状況の中で組まれた今できる最高のマッチメイクだったと思う。
そんな状況の中で開催されたK-1大阪大会、出場した選手たちはK-1ファイターとして誇りを持って、素晴らしいファイティングスピリットを見せてくれましたね。
何と言ってもメインの世紀の大番狂わせとも言える安保瑠輝也 vs 山崎秀晃。
僕は完全に山崎がKO負けか判定ならダウンを取られて完敗を予想してました。
しかし、1R開始のゴングと共に足を使いながらの山崎の踏み込みの速さと、迷わず一気に距離を詰めて飛び込んでいく覚悟を決めた攻撃力を見て、「これは何か起こるかも・・・・・」と自分の試合前の予想を自分の中で撤回しました。
山崎の迷わず飛び込んでいく覚悟を決めた攻撃と、安保の負けられないと言う気持ちと責任感からくる迷いが交差し、玉砕覚悟でこの試合に挑んだ山崎に勝利の女神が微笑みました。
本当に素晴らしい試合でした。

江川優生と椿原龍矢の大番狂わせも面白かった。
椿原の作戦と動きは見事ですね。
江川はこの試合を経てもっと強くなると思います。
椿原の次戦が楽しみですね。
大番狂わせをやった次の試合で勝てるかで上へ昇って行く選手かこれで終わりの選手かわかります。

朝久泰央と弘輝の試合、試合前の挑発から面白かった。
泰央が1Rで倒すだろうと思ってました。
しかし、まさかのダウン!!
見てるとなんであんなパンチもらう??って思いましたが戦ってる本人にしかその理由はわかりません。
でもさすが泰央、気持ちを切り替えて冷静に見事に流れを変えましたね。
じっくりじっくり冷静に戦いながら流れを変えて行く焦らない気持ちの強さを見て、まだまだ上に行ける選手だなって思いました。
頑張ってほしいです。



関連記事

2020/09/23(Wed)
GETOVER情報| | コメント(0)

コメント紹介

コメント掲載フォーム


管理者にだけ表示を許可する

カレンダー

09 | 2020/10 | 11

-

-

-

-

1

2

3

4

5

6

7

8

9

10

11

12

13

14

15

16

17

18

19

20

21

22

23

24

25

26

27

28

29

30

31

月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

QR