悔しさの向こう側

名古屋のキックボクシングジム[GET OVER]代表、中島稔倫のブログです。悔しさの向こう側

中島稔倫の波乱万丈日記 » GETOVER情報 » 悔しさの向こう側

悔しさの向こう側

DSC_0026.jpg
ここ最近の毎週水曜日はOISHIGYMさんと合同スパーリング大会。
昨日は翔と武士。
翔は先週のムエロークにて1RKO勝ちしたばかり。しかも3日前のオファーを即答でオッケーした試合。
僕が現役の頃、当時の会長によく言われた。「いつでも試合に出れる状態にしておけ。」
今みたいに名古屋で試合なんかなく、インターネットなんかもなかったから東京でいつ試合が行われているのかもわからない。
今みたいにプロモーターやマッチメーカーと選手が会話するなんてありえないし、その前にマッチメーカー、プロモーターが誰なのかもわからない。
それでもとにかく、試合がしたいからひたすら来るべき日に備えて自分を磨き続けた日々。
僕は決して連盟から期待されてた選手じゃなかったし、エリート街道を突っ走った選手じゃなかった。
ただ、僕が他の選手やエリート選手より勝ってた事はなにか?
練習が他の何より大好きだったと言う事だね。
遊びより、3度の飯より練習。
試合前の追い込み練習とかなんかいらない、常にしっかり練習しとけばいつでも試合に出れる。
人間誰でもチャンスは平等に訪れる。それは早いか遅いかだけの違い。
ただそのチャンスをいつでも受け入れられる状態になっているのかと言う事。
昨日翔といろいろ話をした。
17年前の自分と全く同じだった。
やっと待ちに待ったチャンスが訪れ今めちゃくちゃ燃えている。
常に毎日自分を磨き、いつでも最高の状態にしておくのがプロ。
怠けている奴にチャンスは訪れないし、試合をやる資格もない。
昨日の翔の今の気持ちを聞いたとき、昔の自分とダブった。
本当に夜も寝れないくらいの悔しい思いをしてこそ、反逆の魂が生まれる。
翔には頑張って欲しいですね。
そしてうちの選手たちも見習ってほしい。

DSC_0027.jpg
練習後に翔の彼女の話しを聞いた。
武士曰く「めちゃくちゃ可愛い」
大石代表曰く「ハンパなく可愛い」
翔は1日30回はメールしてて、この彼女にだけは毎日KO負けしてるとか・・・・・。
みたいな~その可愛い彼女。

関連記事

2011/04/07(Thu)
GETOVER情報| | コメント(0)

コメント紹介

コメント掲載フォーム


管理者にだけ表示を許可する

カレンダー

08 | 2020/09 | 10

-

-

1

2

3

4

5

6

7

8

9

10

11

12

13

14

15

16

17

18

19

20

21

22

23

24

25

26

27

28

29

30

-

-

-

月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

QR