永遠の高校生

名古屋のキックボクシングジム[GET OVER]代表、中島稔倫のブログです。永遠の高校生

中島稔倫の波乱万丈日記 » GETOVER情報 » 永遠の高校生

永遠の高校生

DSC_0595.jpg
「おっ!哲也くんじゃないか!」って感じで、美容院終わってひびの接骨院行ったらばったり。
なんか哲也に会うと、僕が大和ジム離れて6年と約3ヶ月経つけどまだ高校生に見える。
うちの嫁と哲也は大和ジムに日曜会員として入会したのがほぼ同じ。
だから、“同期”と言うやつ。
うちの嫁はジム通ってたけどキックには全く興味なし。
哲也がK-163kgで優勝した時も試合は見てないけど哲也が“K-1で優勝した”って事はわかりやすいので伝えたら「はっ?この前ジムでカレー温めてたやん」って驚いてた。
ちなみに日曜会員の練習の後、僕が作ったカレーをジム持ってってみんなで食べた事があり、その時カレー番してたのが哲也なんです。
そう言えば先週の土曜日やまとや行ったとき懐かしい話してて思い出したのが、長男産まれる前に今のマンションに引っ越した時、手伝いに来てくれたのが哲也とチキ嫁の友達の〇香と〇香の弟なんだよね。
今思えばなんでこんな不思議なメンバーだったんだろう?って感じ。
そんな哲也も今では日本を代表するトップ選手。
今のキック界、団体、ルール、ランキングとかチャンピオンとか・・・・・いろいろありすぎてその価値も外から見たら分かりにくい。
そこで最強を名乗ろうと思うなら、それぞれのトップを一人ずつ倒して行くしかない。
負けて学ぶ事もあるけど、勝ったがために次の試合でそれが裏目に出ることもある。
栄光と挫折なんていつも隣り合わせ。
挫折を挫折と思わず、どん底に落ちたら這い上がるだけだって上を見れるような、そんな強靭な精神を身につけたい。
強いか弱いかなんて試合の勝ち負けじゃなくてそこなんだよね。
そんなわけで、年末だし久しぶりに哲也の歌って踊れる氣志團のワンナイトカーニバルでも聞こうかな。













関連記事

2011/12/15(Thu)
GETOVER情報| | コメント(0)

コメント紹介

コメント掲載フォーム


管理者にだけ表示を許可する

カレンダー

07 | 2017/08 | 09

-

-

1

2

3

4

5

6

7

8

9

10

11

12

13

14

15

16

17

18

19

20

21

22

23

24

25

26

27

28

29

30

31

-

-

月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

QR