GETOVER情報

名古屋のキックボクシングジム[GET OVER]代表、中島稔倫のブログです。GETOVER情報

パクチーと私(笑)

27年前、21歳の時バンコクにあるソーサワットジムへ住み込みで長期のムエタイ武者修行に行った時、初めて食べたタイ料理の印象がこのパクチーの異様な匂いだった。
当時、バンコクのチャオプラヤ川沿いにあるジムの横にあるボロボロの建物にタイ人達と一緒に寝泊まりしてて、朝練が終わった後と夕方の練習が終わった後、当番の選手が露店のお店におかずを買いに行きます。
ご飯だけは炊いてあるので、4種類くらいあるおかずをお皿にに出してみんなでおかずを囲むようにしてご飯片手にみんなで和気あいあいとした楽しい食事の時間でした。
タイでの生活の1週間くらいはこの“パクチー”(この時は名前も知らない)の異様な匂いに耐えられず、1品か2品くらいはこの匂いのしないおかずがあったので、そればかり食べてました。
たしかこの頃は問答無用でパクチーが入ってたと思います。
入ってなくても、パクチーは最初から炒める時にパクチーの茎を細かく切って炒めたりするので、葉っぱが入ってなくても匂いがします。
なので、ムエタイ武者修行の最初の難関朝晩のランニングや練習後の延々と続く首相撲ではなく、このパクチーになれる事でした(笑)
しかし、パクチーって不思議な魔力があって、なれると大好きになってしまうんです。
1週間でなれました。
そして、大好きになってしまいました(笑)
今では日本にもたくさんタイ料理屋さんできて、しかもパクチーは美容や健康にもいいと言われタイ料理はかなりメジャーになってきました。
しかし、当時のバンコクはあまり外国人は訪れない今で言うカンボジアみたいな国だったので、印象的には異様な食べ物みたいな印象でした。
あれから27年と言う月日が流れ、あれだけ最初は嫌いだったパクチーが大好きになり、まさか自分で栽培することになるなんて(笑)
IMG_5574.jpg
IMG_5577.jpg
IMG_5576.jpg
タイ料理屋に行くとパクチーは別で山もり頼みます。
食べ物も恋愛も大嫌いと大好きは紙一重ですね(笑)

2018/07/09(Mon)
GETOVER情報| | コメント(0)

北アルプス憧れの山、槍ヶ岳チャレンジ!!

まずはこの言葉

“ 富士山と槍ヶ岳は、日本の山を代表する2つのタイプである。(中略)一生に一度は富士山に登りたいというのが庶民の願いであるように、いやしくも登山に興味を持ち始めた人で、まず槍ヶ岳の頂上に立ってみたいと願わない者はないだろう。”
                                                 — 深田久弥、『日本百名山』[要文献特定詳細情報]

この言葉にあるように、槍ヶ岳とは登山家にとっては最大の憧れの山です。
IMG_5543.jpg

3年前の夏、ジュニアの子供たちを連れて人生3回目の富士登山を行いました。
そして一昨年の夏、ドラゴン佐藤会長、後輩の長谷川亮隊長、岡田コージなどたくさんのGET OVERメンバーで、自転車で富士山御殿場五合目登山口まで行き、御殿場口から登山と言う通称ゼロ富士アタックを行いました。
その後、僕自身はそこまで登山にはまって行く気持ちはなかったんですが、ドラゴン佐藤会長がどっぷりはまってしまい昨年5月、佐藤会長からの無茶ぶりで飛行機で熊本まで行き、マウンテンバイクで草千里まで行きそこから烏帽子岳、杵島岳を制覇と言う、“阿蘇サイクルアタック”を行いました。
しかも目の前の中岳は噴火中で立ち入り禁止と言うありえない状況での命がけのチャレンジ(笑)
そして、今年は先日の修験道日本三大急登 甲斐駒ヶ岳黒戸尾根チャレンジ。
過去最高にしんどい登山でしたが何とか登頂。
山頂から見た景色、雲海に浮かぶ鳳凰三山、その向こうに見える富士山。
そして360度見渡すと北アルプス、南アルプスの山々。
その北アルプスの中でもひときわ目立つ鋭い刃物のように穂先がとがっている美しい山。
それが北アルプス憧れの山、槍ヶ岳。
遥か遠くに見えていてもその鋭い穂先がはっきりわかる美しい槍ヶ岳。
登山家なら一度はその頂上に立ってみたいと思う憧れの槍ヶ岳。
下山中に佐藤会長といろいろ話してたらものすごく登りたくなってしまいました。
14日の全日本キックメンバーとの富士登山が延期になり、直感で「
これは槍ヶ岳が俺を呼んでいる」
と感じました(笑)
6月22日、23日で南アルプス日本三大急登 甲斐駒ヶ岳黒戸尾根、そして7月14日、15日北アルプス憧れの山槍ヶ岳。
完全な素人でひと月でこの北アルプス、南アルプスを代表する二つのメジャーな山を制覇した人はなかなかいないでしょう・・・、いや絶対他にいないと思ってチャレンジします(笑)


勝負の世界で生きて行くことは登山で高い山の頂上を目指して一歩ずつ歩いていくことと同じ。
ただ、一つだけ違うとすればその山の頂上にはみんなで登頂する事はできない。
時にはついて来れない仲間を見捨て、時には前を歩いている人を蹴落としてでも自分が上がっていかなければならない。
その頂点に立てるのはたった一人だけ。
山頂に近くなればなるほど険しい岩登りになり、まさにふるいにかけて這い上がってきた者だけが頂上に立つことができるという厳しい世界を表しているように感じる山。
そして、槍ヶ岳山頂は限られた人数しか立つことができないんです。
まさに厳しい勝負の世界を表現しているかのような山、槍ヶ岳。

今回の槍ヶ岳チャレンジは一番一般的コース、上高地→横尾→槍沢→槍ヶ岳のコース。
これは一般的には2泊3日で行くコースなんですが、我々はこのコースを1泊2日でチャレンジします。
IMG_5530.jpg
7月14日(土)早朝5時半上高地から槍ヶ岳山荘まで約20km。
IMG_5544.jpg
約10時間かけて一気に登ります。
槍ヶ岳山荘で一泊し翌朝登頂。
そのまま下山します。
槍ヶ岳山荘での最高の絶景、そして星空を眺めながらみんなで酒を飲むのが最高に楽しみです。

その槍ヶ岳チャレンジに僕と一緒に挑戦するのはこの3名!!
IMG_5547.jpg
お馴染みDBSスーパーフェザー級チャンピオン作田良典、そして先日WBCムエタイ日本フェザー級5位にランキング入りしたDBSフェザー級チャンピオン大脇 武。
そして、僕のウィンタースポーツとマラソンと登山の名アドバイザーでもある熊谷拓弥。
この4名で槍ヶ岳チャレンジを行います。
IMG_5549.jpg
必ずこのメンバーで北アルプス最強の山、槍ヶ岳で伝説を残して来ますので皆さん楽しみにしててください!!


2018/07/07(Sat)
GETOVER情報| | コメント(0)

“君も朝キックで人生を変えろ!!”夏の入会金無料キャンペーンスタート!!

5月からの7時半からの営業が大好評で、それぞれの職業の人たちが早朝の時間をうまく使って朝からジムでたっぷり汗を流しています。
いつも夜来ている人が1週間に1回は朝来ようとか、休みの日は朝練習に来ようとか・・・・・、
それぞれみんなが目標をもって、この朝キックで汗を流すことで生活を変え、自分の人生を変えようとする人たちがたくさんいます。
心を“無”して7時半からたっぷり汗をかいて、シャワー浴びて出勤すれば頭の回転も速くて営業成績もアップです!!(笑)
IMG_5523.jpg

ちなみにこれは何回も書いてますが超有名不動産会社のデータで出ています。
まずは自分を変えるには生活を変えて行く事。

君もGET OVERの朝キックで人生を変えろ!!

GET OVER&GET OVER WOMEN'S共に8月末まで入会金無料となっておりまーす!!




GET OVERHP

2018/07/06(Fri)
GETOVER情報| | コメント(0)

“真剣”の本当の意味、ヨガポーズを人生と照らし合わせてみる

昨日のヨガの前の恒例の先生の小話。
“ある試験を受けて残念ながら不合格だったけど、その試験のために自分なりに真剣に取り組みました。
 しかし、あるNHK番組で剣術の道場に道場破りが来るという話をやっていて、道場破りとの試合は“真剣”で行われます。
“真剣”とは真(まこと)の剣。
 真剣での戦いはどちらかが切られて死ぬわけで「真剣にやってました」の真剣とはこの生きるか死ぬかの勝負で使われる“真剣”から来ているわけです。
「真剣にやってました」の意味を本当に考えてみると、“もしできなければ切腹する”ぐらいの気持ちで、生きるか死ぬかの気持ちで取り組まないと本等に「真剣にやってました。」とは言えないなと思いました。
だから、私はその真剣さがまだまだ足らなかったなと。”
ん~素晴らしい話。
“真剣”と言う言葉は本当に軽々しく使えない言葉です。
しかし、日本人らしい魂の言葉。
それぐらいの気持ちを持って自分の夢や目標に向かって“真剣”に取り組みましょう!!

さて、ヨガからポーズを人生に照らし合わせて考えてみました。
IMG_4640.jpg
IMG_4721.jpg
IMG_5508.jpg
こうやって片足でバランスをとるポーズは前と後ろに外へ外へ手足を伸ばして軸を作ります。
外へ外へ力を入れて中心ができて来るわけです。
外だけに意識を取られると中心はできない。
行きっぱなしではバランスは崩れて行くわけです.
こうやって自分で軸を作ってバランスよく立ててこそ、周りのサポートが入ると更に土台が強くなっていきます。
しかし自分一人でも立てないのに周りの支えだけに頼って生きている人は崩れる時は早い。
まずは周りに頼らず自分で一人でバランスよく立てる人間でありたいと思います。

IMG_5512.jpg
IMG_5510.jpg
IMG_5507.jpg

2018/07/05(Thu)
GETOVER情報| | コメント(0)

GET OVER新聞第18号マネージャー久美の魂のささやき発行!!

IMG_5514.jpg
今月のGET OVER新聞マネージャー久美の魂のささやきは6月3日日本ガイシプラザ第三競技場にて開催された、BRIDGE16年目にして新たな第一歩となったBRIDGE WBCムエタイルールプロワンマッチ& BRIDGE one match challenge38thの結果と久美ちゃんの厳しい???感想とコメントが入っております(笑)
試合の写真はもちろんプロ選手の計量の時の写真も掲載されてますので是非、生涯スポーツセンタービル1階掲示板を見てください!!

2018/07/04(Wed)
GETOVER情報| | コメント(0)

カレンダー

06 | 2018/07 | 08

1

2

3

4

5

6

7

8

9

10

11

12

13

14

15

16

17

18

19

20

21

22

23

24

25

26

27

28

29

30

31

-

-

-

-

月別アーカイブ

検索フォーム

QRコード

QR